睡眠不足がAGAに及ぼす影響とは?髪の毛が成長する時間帯は何時?

睡眠不足がAGAに及ぼす影響

抜け毛・薄毛を引き起こすAGAは様々な要因で悪化してしまいます。

こちらのページではAGAを悪化させる要因のひとつである睡眠不足に焦点をあてて紹介していきます。

睡眠不足がAGAに対してどのような影響を及ぼすのか?そして、AGAに悪影響を及ぼす睡眠不足の解消法や良質な睡眠をとるための注意点について紹介していきます。

目次

  1. 睡眠不足がAGAに及ぼす影響は?
  2. 就寝~3時間の間に最も髪の毛が成長する
  3. 就寝前の注意点
  4. 睡眠不足の解消法
  5. 良質な睡眠でAGA治療の効果アップ!

睡眠不足がAGAに及ぼす影響は?

睡眠は髪の毛の成長に欠かすことのできない重要な役割があります。
良質な睡眠をとることによって、髪の毛の成長は促され、太くて丈夫な健康な髪の毛になります。

それに対して、睡眠不足は髪に以下のような影響を及ぼします。

  • 髪の毛が成長しづらくなる
  • 血流が悪くなり抜け毛が増える可能性

髪の毛が成長しづらくなる

髪の毛の成長

睡眠不足になると「成長ホルモン」の分泌が妨げられ、髪の毛が成長しづらい状態になります。
成長ホルモンは髪の成長を促す作用があり、発毛・育毛には重要です。

この成長ホルモンは、睡眠の中でもノンレム睡眠と呼ばれる深い眠りに入ったときに分泌が増えます。
十分な睡眠がとれている場合は、成長ホルモンが正常に分泌されて髪が成長していきます。

しかし、睡眠不足となると成長ホルモンの分泌が妨げられるので、十分に髪が成長することができなくなってしまいます。
その結果、髪の健康状態は悪化してしまい抜け毛などに繋がりやすくなります。

血流が悪くなり抜け毛が増える可能性

抜け毛

睡眠不足による影響は成長ホルモンの分泌が阻害されるだけではありません。
血流が悪くなり抜け毛が増える可能性があります。

睡眠不足になると交感神経が優位な状態が長くなり、血管が収縮し血圧が上がりやすくなります。
そのため、頭皮への血流も少なくなり、頭皮への栄養が届きにくくなり、頭皮環境の悪化や抜け毛の増加といった症状が起こります。

就寝~3時間の間に最も髪の毛が成長する

髪の毛が成長する時間帯

髪の毛は、就寝~3時間の間に最も髪の毛が成長すると言われています。

これは睡眠時に分泌される成長ホルモンが就寝~3時間の間に多く分泌されるためです。

ただし、浅い眠りである場合は成長ホルモンが分泌されづらいので、深く睡眠出来るような環境を整えましょう。

最も髪の毛の成長が期待できる就寝時間とは?

髪の毛が最も成長する時間帯は「髪のゴールデンタイム」と呼ばれる、22時~26時までの時間帯と言われています。

しかし、髪のゴールデンタイムには科学的な根拠は一切ないため、無理にゴールデンタイムに就寝するといった必要はありません。

ただし、睡眠時間が不規則になると髪の成長に支障がでてしまうため、0時頃には睡眠につくようにすることが望ましいとされています。

就寝前の注意点

就寝前の注意点

就寝前はできるだけスムーズに眠れるようにすることが大事です。
目が覚めてしまう行為は夜更かしや睡眠不足を招いてしまいます。
十分な睡眠時間を確保するために、就寝前に注意しておきたいポイントを紹介します。

  • 就寝1~2時間前はスマホを触らない
  • 入浴は就寝2~3時間前に済ませる
  • 就寝前のカフェイン・アルコールは避ける

就寝1~2時間前はスマホを触らない

寝ながらスマホ

スマートフォンを就寝前に触るとブルーライトなどの影響で寝つきが悪くなるということがあります。

スマートフォンから発せられるブルーライトには、体内時計をリセットして脳や身体を活性化させる作用があります。
そのため、眠気を促すメラトニンの分泌も抑制されてしまい、寝つきが悪くなってしまいます。

就寝する1~2時間前にはスマートフォンを長時間使用しないことで、脳の活性化を防ぐことができスムーズに眠りにつくことができます。

入浴は就寝2~3時間前に済ませる

入浴

深い睡眠やスムーズな入眠をするためには、就寝の2~3時間前に入浴しましょう。

入浴から2~3時間すると深部体温も下がるため、自然な眠気が発生し、眠りにつきやすくなります。

寝つきが悪い場合や浅い睡眠が続いているというような方は、入浴する時間を変えてみるなどの対策も有効です。

就寝前のカフェイン・アルコールは避ける

カフェイン

コーヒーやエナジードリンクなどに含まれているカフェインには興奮作用があり、眠りにつきにくくなってしまいます。
コーヒーやエナジードリンクを飲むことで目が覚めるのは、こうしたカフェインの作用によるものです。

また、「寝酒」と呼ばれる就寝前の飲酒は、眠りが浅くなってしまい良質な睡眠の妨げになってしまいます。

AGA治療中は飲酒してもいい?

睡眠不足の解消法

睡眠不足の解消法

効率の良いAGA治療を行うためには睡眠不足は改善しなければなりません。

睡眠不足を改善することで自律神経の乱れ・血行不良の改善・成長ホルモンの分泌を促すことができます。

睡眠不足で悩んでいる方は以下の解消方法を試してみましょう。

  • 呼吸法
  • 枕の高さ調節
  • 適度な運動

呼吸法でリラックスモードに

睡眠不足を解消する解消法のひとつに呼吸法があります。
「カウント呼吸法」と呼ばれる呼吸法です。

1.息を吐き切った状態にします
2.4カウントを数えながら息を鼻から吸います
3.息を止めて7カウント数えます
4.8カウントを数えながら息を吐き出します

上記の呼吸方法を10回ほど繰り返し行います。

こちらの、カウント呼吸法の手法は呼吸とカウントに集中して、ほかのことへの意識が向かないようにすることで、リラックスした状態に入りやすくなり、眠りにつきやすくなります。

枕の高さを調節する

睡眠不足を解消する方法として、自身に合った適切な寝具を使うといったことも重要です。

寝具の中でも特に枕選びは大きなポイントになります。

高さが自分にあっていない枕の場合、睡眠時に肩や首、頭などに負担がかかってしまいます。
その結果、肩コリや頭痛、いびきなどで浅い睡眠になることで、脳や体が休まらず睡眠不足になることもあります。

適度な運動で適度な疲労感を

適度な運動は体へ程よい疲労感を与え、スムーズな睡眠が期待できます。

程よい疲労感を得るためには、仕事終わりの運動や散歩、就寝前の軽いストレッチなども有効です。

就寝前はストレッチすることで、軽い疲労感と共に心身共にリラックスできるため睡眠の質を高める効果に期待できます。

激しい運動は疲労しすぎて寝つきが悪くなる可能性があるので、適度な運動に抑えましょう。
また、運動は就寝前の3時間は避けるようにすることを心がけてください。

筋トレがAGAに与える影響について確認する

良質な睡眠でAGA治療の効果アップ!

良質な睡眠を取ることで髪の成長を促すといった効果が期待できます。

睡眠不足は頭皮環境の悪化などAGAに対して様々な悪影響を及ぼし、症状を悪化させてしまうので睡眠不足にならないような生活を意識することが大事です。

AGAの改善には、薬などを用いた治療もありますが、睡眠不足の解消や睡眠の質の向上を意識することで、より効率的なAGA治療が可能になります。