AGA治療の効果が出るまでの期間|どのくらい改善できる?

AGA治療の効果

AGA治療の効果が得られるまでの期間やどのくらい改善できるかはご自身の体質や治療方法などによって異なります。
「AGA治療はどのくらいの期間で効果が出るのか?」
「どのくらい改善できるのか?」

ここでは、治療効果が得られるまでの一般的な目安やAGA治療はどのくらい薄毛を改善できるのかなどについてご紹介しています。

AGA治療の効果が出るまでの期間は?

効果が出るまでの期間

AGA治療の効果が出るまでの期間には、個人差があります。

個人差が出る理由としては以下のような理由があります。

  • 年齢
  • 体質
  • 症状の進行度合い

こうしたご自身のことが、少なからず治療効果に影響します。

AGA治療薬の場合はメーカーから効果を得られるまでの目安が発表されています。

効果が実感できるのは6ヵ月

AGA治療に用いるAGA治療薬を製造しているメーカーでは服用から約6ヵ月で効果が実感できるとされています。

これは、AGAで乱れた頭皮環境を正常に戻すために必要な期間であり、個人差によっては効果を実感するまでの期間が早まることや6ヵ月以上の期間が必要な場合もあります

そのため、AGA治療薬を服用する際は最低でも6ヶ月継続して服用を続ける必要があります。

早い人では3~4ヵ月

人によっては、服用から3〜4ヶ月で髪の変化を実感できることもあります。

これは髪の成長スピードが変わったわけではなく、次のようなケースが考えられます。

・軽度のAGA
・治療薬の併用

AGAは症状が軽度であるほど、改善が早く治療薬の効果が出やすいと言われています。

また、複数のAGA治療薬を組み合わせることにより相乗効果が期待できることから、1種類のみの服用に比べて効果を実感するまでの時間を短縮することができます。

AGA治療でどのくらい薄毛が改善できる?

男性の頭皮

AGA治療によってどのくらい薄毛が改善できるか治療方法によって異なります。

植毛であれば理想的な毛量にすることも可能ですが、AGA治療薬での治療であれば進行度合いなどによって個人差があります

AGA治療薬で治療する場合は症状が悪化するほど改善も難しくなってしまいます。

AGAは症状が軽度であるほど改善しやすい

早期のAGA治療が良い理由としては以下の通りです。

・ヘアサイクルの乱れが少ない
・毛根の数が多い(毛根がないと髪の毛は生えない)

AGAは進行型の脱毛症であるため、発症から治療までの期間が長くなるとヘアサイクルの乱れが大きくなります。

そのため、ヘアサイクルの乱れが少ない軽度の場合に比べ、改善するまでに時間がかかってしまいます。

AGA治療は症状が軽度であるほど、ヘアサイクルの乱れが少ないので治療の効果が得られやすくなります

一般的なAGA治療

一般的なAGA治療にはAGA治療薬が使用されます。

ここでは多くのクリニックで処方されている、スタンダードな治療薬をいくつかご紹介していきます。

内服薬

内服薬

一般的なAGA治療ではフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルタブレットの内服薬が多く使用されます。

・フィナステリド
・デュタステリド
・ミノキシジルタブレット

これらはAGAの進行を抑制できるものや発毛効果が期待できる治療薬となっています。

それぞれの治療薬について、もう少し詳しくみていきましょう。

フィナステリド

フィナステリドは、AGAの進行を抑制するAGA予防薬です。

AGAへの有効性が高いことでも知られ、1年間の服用で98%の方が効果を実感していることが臨床試験からも分かっています。

AGA治療の第一選択薬で、治療においてスタンダードな内服薬です。

プロペシアの効果・作用について確認する

デュタステリド

デュタステリドは、フィナステリドに次いで登場したAGAの予防薬です。

デュタステリドもフィナステリドと同じくAGAの進行を抑制する効果が期待できます。

大きな違いとしては、頭皮全体に効果が得られることや作用が強いためフィナステリドより増毛効果があります

ただし、作用が強く副作用が出やすいというデメリットもあります。

そのため、以下のような方に処方される傾向があります。

  • フィナステリドで効果が出なかった
  • AGAの進行が著しい

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)は、内服薬の中で唯一発毛効果が認められているAGA治療薬です。

効き目が強くAGAの初期段階で処方されること少ないですが、症状の進行が認められると処方される機会が増えてきます。

またミノキシジルは、「フィナステリド」や「デュタステリド」と併用が可能です。

予防と発毛の相乗効果が期待できることから、AGA治療の主流となりつつあります。

外用薬

外用薬は気になる部分のみに塗布できることや内服薬より副作用が少ないAGA治療薬です。

また、外用薬の種類によってはドラッグストアや薬局などの市販で購入できるものもあります。

ミノキシジル外用薬

ミノキシジル外用薬

ミノキシジル外用薬は、ドラッグストアや楽天やAmazonといった通販などでも購入が可能です。

内服薬であるミノキシジルタブレットと同じように発毛効果が期待できますが、有効性は内服薬に比べ低くなっています

これは同じ成分でも作用する血管が異なることから、頭皮への血流量の変化に違いが生じるためです。

副作用としては、かゆみなどの皮膚症状が主となります。

クリニック独自の治療方法もある

治療方法

クリニックでの治療は内服薬や外用薬が一般的ですが、中には独自の治療方法を確立しているとこもあります。

「発毛促進注射」や「ノーニードル育毛メソセラピー」と呼ばれるもので、独自調合した薬剤を毛根に直接注入あるいは浸透させる治療方法になります。

  • 成長因子
  • ミノキシジル
  • フィナステリド
  • 栄養(ビタミンやミネラル)

など

こうした成分を独自調合しており、クリニックによって成分比率や種類も異なるので治療効果については医師に応相談です。

HARG療法・植毛は費用も高いが効果も高い

植毛

AGA治療薬に比べ費用も高いが効果も高いのが「HARG療法」や「植毛」です。

  • HARG療法
    HARG療法は、150種類以上の成長因子を含んだ「AAPE」という薬剤を使用。
    成長因子によって髪細胞を活性化させることで、発毛スピードUPを狙う施術。
  • 植毛
    植毛は、AGAの影響を受けない「後頭部」や「側頭部」から薄毛箇所に毛根を移植する方法。
    自毛植毛と人工植毛を選択でき、自身の理想的な毛量にすることが可能。

いずれの治療方法も効果こそ高いものの、数万円から場合によっては百万単位になることもあります。

市販の育毛剤・シャンプーの効果は?

育毛剤・シャンプーの効果

市販の育毛剤は、医薬品ではありません。

「化粧品」や「医薬部外品」に含まれることから、ヘアケアの域を出ません。

そのため効果というよりも、将来の薄毛予防として髪の健康を気遣う程度に考えておくと良いでしょう。

またシャンプーも同様に頭皮環境のケアが目的のため、発毛を目的として使用するのは控えた方が良いでしょう。

手軽に済ませたい気持ちもわかりますが、AGAを改善するのであればクリニックに相談しましょう。

AGA予防にシャンプーは効果敵?

AGAの治療費は?

AGAの治療費

治療にかかる費用の相場について、ご紹介しておきます。

  • プロペシア 6500~10000円
  • フィナステリド錠 4,500~6,000円
  • ザガーロ 8,000~12,000円
  • ミノキシジル内服薬 8,000~10,000円
  • ミノキシジル外用薬 6,000~8,000円
  • 初診・再診料 0~5,000円
  • 検査料 0~5,000円
  • 育毛メソセラピー 15,000~35,000円
  • HARG療法 20,000~110,000円
  • 植毛 800,000円~1,000,000円

覚えておきたいのが、AGA治療は自由診療です。

そのため保険は利かず、かかった費用はすべて自己負担になります。

また費用はクリニックごとで自由に設定できることから、治療費はクリニックによって異なります。

AGAは症状が軽度であるほど効果が得やすい

AGAは症状が軽度であるほど効果が得やすく、早期の改善が期待できます。

また、進行ペースは遅いためいきなり薄毛になるというようなことはないですが、進行性の脱毛症なので放置しておくと悪化してしまいます。

症状が悪化し、頭皮全体が透けてしまったり、毛根が死滅してしまうほど重症化すると治療効果を実感することが難しくなります。

そのため、AGA治療を行う場合は「抜け毛が気になる」「髪の毛が細くなった」などの軽度な症状のうちにクリニックを受診しましょう。