薄毛治療は保険適用外?治療費を抑えるには?

薄毛治療は保険適用外?治療費を抑えるには?

病院などの医療機関で診療を受ける際の「健康保険」という制度は、誰もが耳にしたことがあるはずです。
保険と略して呼ばれることも多い健康保険ですが、ここでどのような制度なのか簡単におさらいだけをしておきます。

健康保険は、国民健康保険や社会保険の加入者が病気やけがをして医療機関の診療を受ける際、その金額の一部を国が保険料から負担する社会保証制度の1つです。
このときに国が負担する金額は、基本的には7割とされています。
つまり、日本では保険によって、本来かかる費用の3割の負担で病院での診療を受けられることになります。

知っている方も多いと思いますが、薄毛治療は保険適用外となります。
そのために高額な治療費がかかるイメージを持たれる方も多い薄毛治療ですが、ここではクリニックでの薄毛治療にかかる費用を抑える方法を説明しています。

薄毛治療は保険適用外

健康保険で国が医療費の一部を負担するのは、病気やけがをしたときの治療を対象としています。
そのため、日常生活や生命に特に支障がないのにも関わらず受ける美容整形などの診療には、健康保険は適用されないのです。

薄毛もまた、生命を脅かすことがないため、日本では病気とはみなされず、健康保険の適用から除外されています。
このため、AGAクリニックなどで保険適用外の薄毛治療を行う際は、全額を自己で負担しなければなりません。

現在では多くのAGAクリニックがありますが、保険適用外であり自由診療となる薄毛治療の費用は、クリニックによって差があるのが現状です。

自由診療は保険が適用される診療とは異なり、医療機関側が自由に価格を設定することができます。
このとき小売業などのように材料費で価格が決まるのではなく、診療内容の価値によって価格は決定されます。
診療内容の価値は時間の経過によっても変動しますが、主には患者さんが求める需要と供給のバランスが価格に影響しています。

治療費を抑えるには?

治療費を抑えるには?

すでに述べた通り、薄毛の治療は保険適用外であるため、AGAクリニックでの治療はどうしてもある程度の金額がかかってしまうことが多くあります。

AGAクリニックでの薄毛治療は確実な効果が期待できますが、だからと言って、高額な治療費を簡単に支払えるだけの経済力のある人は多くはないはずです。
かかる費用は少しでも抑えたいと考えるのは当然のことです。

以下ではクリニックでの薄毛治療にかかる費用を抑えるポイントを説明しています。

クリニックの値段を比較する

前述したように、AGAクリニックでの薄毛治療の料金は各クリニックによってバラバラです。
そのために、少しでも治療にかかる費用を抑えたいというのであれば、まずは各クリニックの料金をしっかりと比較することが大切です。

無駄な治療は行わない

AGAクリニックでの薄毛治療を抑えるためには治療の内容をよく見極めて理解し、無駄な治療を行わない、つまり、本当に必要な治療だけを行うことも大切です。

例えば、現在では発毛成分を頭皮に直接注入する医療行為であるメソセラピーなどの施術を行なっているクリニックが多くあります。
このメソセラピーなどの施術には、“短期間で発毛が可能”という大きな特徴があります。
しかし、医薬品の内服や外用による治療に比べると高額な費用がかかってしまうというデメリットもあります。

このようなことから、短期間での薄毛改善を望まないのであれば、メソセラピーなどの施術は行わず、内服や外用薬による治療を選択することで薄毛改善にかかる費用を抑えることができます。
施術を行わずとも、フィナステリドやミノキシジルなどの医薬品は医学的に発毛効果が認められているため、確実な発毛を期待することができます。

施術に比べれば発毛までの期間は長くなる場合がほとんどですが、すぐに発毛させたいという希望がないのであれば賢い選択ではないでしょうか。

短期間での発毛が可能な施術は、もちろん医薬品による治療の途中から希望して行うこともできます。
まずは医薬品での治療を開始して様子を見ながら、高額な施術を行う必要性について考えると良いでしょう。

無料カウンセリングをうまく利用する

現在では多くのAGAクリニックが無料のカウンセリングを行なっています。
AGAクリニックでの治療にかかる費用を少しでも抑えたいのであれば、この無料のカウンセリングを役立てましょう。

無料のカウンセリングでは、自分の薄毛の原因や行うべき治療方、生活習慣に関するアドバイスなどを聞くことができますが、その後の治療にかかる料金の説明をしてもらえます。
金額についてはネットの情報だけでなく、実際にクリニックの医師やカウンセラーから確認することは重要です。

しつこい勧誘はある?

無料のカウンセリングと聞くと、「本当に無料なのか・・・」「カウンセリングだけでなく治療の契約を勧められるのでは・・・」と考えてしまう方もいらっしゃるかと思います。

しかし、そのようなことはないのでまずは安心してください。

AGAクリニックは患者さんからの信用を大切にしています。
インターネットで誰でも情報が発信でき、すぐに広まってしまう現在では、もし強引な勧誘を行なっているクリニックがあればその事実はすぐに広まり、そのクリニックはたちどころに評判を落としてしまうでしょう。

このようなこともあって、高額な治療の年間契約や、いきなり施術を勧めてくるようなクリニックはありません。

治療薬の個人輸入について

治療薬の個人輸入について

AGAクリニックの薄毛治療では、フィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルを有効成分とする医薬品が用いられています。

そして、これらの医薬品は個人輸入というかたちで通販ができることを知っている方も多いのではないでしょうか。

医薬品の個人輸入は、薬機法(旧:薬事法)においても認められている行為であり、一定の利用者がいます。
医薬品の個人輸入には、輸入が規制されているものでなければ日本では医師の処方が必要な医薬品も病院に通うことなく、比較的安価に購入できるというメリットがあります。
しかし、それ以上にデメリットの方が大きいため、当サイトでは医薬品の個人輸入推奨しておりません

医薬品の個人輸入には以下のようなデメリットがあります。

  • 副作用などの健康被害が出た場合は自己責任
  • 粗悪品や偽物が届く可能性
  • 日本語の説明書きなどは一切ない
  • ほとんどの医薬品が発展途上国のメーカー製造

個人輸入で購入できる医薬品は、そのほとんどがインドなどの発展途上国のメーカーが製造するコピー医薬品です。

有効成分こそ先発薬と同様のものを使用していますが、その他の配合などは明らかになっていないものが大半で、効果についても疑問が残ります。
実際に効果がないと言う利用者の声も多く上がっています。

万が一、薬の副作用によって深刻な健康被害が出てしまった場合でも、国や輸入代行業者、製薬メーカーなどは一切責任をとってくれません
そのような場合はすべて自己責任であるということを理解した上で利用しなければなりません。

また個人輸入で購入できるコピー医薬品は海外向けの医薬品であるため、日本語による説明書きなどは一切ありません。

さらに、悪徳な個人輸入代行業者も存在するため、購入した商品がまったく効果のない偽造薬であったなどという事例も多発しています。

このようなリスクを避け、確実な効果がある正規の医薬品を安心して使用するためにも、薄毛治療薬はAGAクリニックから処方してもらうことを当サイトでも強く推奨しています。

薄毛治療・保険適用外についてまとめ

薄毛治療は保険の適用外であり、AGAクリニックでの薄毛治療にかかる費用を抑えるためのポイントなどを説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

大切なのは、じっくりと複数のクリニックの価格を比較することです。
無料のカウンセリングによって実際に医師やカウンセラーから料金の相談ができればなお良いでしょう。

また、治療を受けるクリニックが決まっても、必要な治療だけを受けるようにしましょう。

安価に医薬品が通販できる個人輸入は偽物や粗悪品が届く可能性もあるので推奨していません。

金額的にも内容的にも納得できるAGAクリニックを見つけて、悔いの残らない薄毛治療を行うためには、まずはしっかりとした下調べが重要なのです。