search

プロペシア(フィナステリド)の併用禁忌|使用できない人はいる?

プロペシア(フィナステリド)の併用禁忌|使用できない人はいる?

プロペシアには併用禁忌はありません。

しかし、プロペシアは似たような作用を持つデュタステリドと併用できないことやプロペシアの使用ができない人などもいるため、服用する際には注意しなければなりません。

このページでは、プロペシアの併用禁忌やその他のAGA治療との併用など、プロペシアを服用する際の注意点について紹介していきます。

目次

  1. プロペシア(フィナステリド)の併用禁忌薬は?
  2. プロペシア(フィナステリド)を使用できない人
  3. プロペシア(フィナステリド)と他のAGA治療薬の併用について
  4. プロペシア(フィナステリド)を安全に使用するために

プロペシア(フィナステリド)の併用禁忌薬は?

プロペシア(フィナステリド)の併用禁忌薬は?

プロペシアには、併用禁忌薬に指定されている医薬品はありません

併用禁忌薬とは、文字通り一緒に服用してはいけない薬です。

現在、プロペシアを製造するMSDから併用禁忌の報告はないため、基本的には他の医薬品との併用も可能です。

しかし、クリニックなどを受診した場合には、服用している薬があれば念のため医師に申し出るようにしてください。

ミノキシジル内服薬と併用している場合は注意!

ミノキシジル内服薬はプロペシアと併用されることの多い薄毛治療薬です。

プロペシアには併用禁忌薬はありませんが、ミノキシジル内服薬と併用している場合はミノキシジルの併用禁忌薬に注意しましょう。

ミノキシジルには以下のような併用禁忌薬があります。

  • ED治療薬
  • イミグラン(偏頭痛薬)
  • イブプロフェン(市販の風邪薬の成分)

など

ミノキシジル内服薬の併用禁忌薬は、ミノキシジルと同じ血圧に作用する薬です。

併用すれば急激な血圧低下により、”めまい”や”ふらつき”といったさまざまな症状が現れる可能性があるので併用しないようにしてください。

プロペシア(フィナステリド)を使用できない人

プロペシア(フィナステリド)を使用できない人

プロペシア(フィナステリド)に併用禁忌薬はないですが、体質や性別、年齢などによって服用できない方がいます。

  • アレルギー
  • 女性
  • 未成年者
  • AGA以外の脱毛症

それぞれ詳しく解説します。

プロペシア(フィナステリド)に対して過去に過敏症を起こしたことがある人

プロペシアに含まれる成分に対して、過去に過敏症(アレルギー)を起こしたことのある人はプロペシアの服用はできません。

過去に過敏反応があった場合、プロペシアを服用することで再び過敏反応が出る恐れがあるためです。

そのため、なにかしらのアレルギーを持っている場合は、診察時に必ず医師に申し出るようにしてください。

女性

プロペシアは男性専用の薄毛治療薬です。

女性にはプロペシアの有効性が認められておらず、安全性についても保証されていません

そのため、プロペシアを女性が服用することは禁止されています。

プロペシアは男性ホルモンに作用する治療薬のため、妊娠中の女性が触ったり吸い込んだりすると胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。

胎児が男児である場合、男性ホルモンが抑制され、生殖器が正常に発達しない場合があります。

そのため、プロペシアの管理や半分に割ったりする場合も注意しましょう。

プロペシアの錠剤の外側はコーティングがされているため触っても影響はありませんが、コーティングがされていない中身を触ってしまうと皮膚から吸収してしまいます。

万が一のことも考え、プロペシアの保管場所や使用には注意を払ってください。

プロペシアが妊婦に与える影響について詳しく確認する

未成年者

プロペシアは20歳未満の方の服用を禁止しています。

プロペシアはAGAの原因であるDHTを抑制しますが、DHTは成長期の男性にとっては必要不可欠な男性ホルモンです。

そのため、成長期の男性がプロペシアを服用してしまうと、生殖器や性的な発達に悪影響を及ぼす可能性があります。

また、プロペシアは未成年への臨床試験は行なっていないため、有効性や安全性についても不明となっています。

プロペシアが未成年に与える影響について詳しく確認する

AGA以外の脱毛症の方

AGA以外の脱毛症の方がプロペシアを服用することは禁止されていませんが、プロペシアはAGA以外の脱毛症に効果はありません

  • 円形脱毛症
  • 脂漏性脱毛症
  • 甲状腺疾患

など

AGA以外の脱毛症である場合は、症状に適した治療方法が存在するため医師に相談するようにしてください。

プロペシア(フィナステリド)と他のAGA治療薬の併用について

プロペシア(フィナステリド)と他のAGA治療薬の併用について

プロペシアとその他のAGA治療薬の併用について解説します。

ザガーロ(デュタステリド)

ザガーロ(デュタステリド)

プロペシアとザガーロ(デュタステリド)は、同系統の薄毛治療薬です。
併用については十分な検証データがなく、基本的には併用しないのが一般的です。

医師の中には併用が効果的としている方もいますが、反対に同じ作用を持つお薬の併用は効き目を必要以上に増強するという考え方もあります。

今のところ十分なデータが出揃っていない以上、併用を控えるのが懸命です。

フィナステリドとデュタステリドの併用について詳しく確認する

ミノキシジル

ミノキシジルとプロペシアは、併用されることの多い薄毛治療薬です。
AGAに対して、それぞれ異なるアプローチをするため相乗効果が期待できます。

ミノキシジル
⇨ 血管拡張による発毛・育毛

プロペシア
⇨ DHTを阻害し、AGAの進行を抑える

薄毛の進行を抑制しながら、発毛・育毛効果も期待できることから効率的な改善が期待できます。

また、ミノキシジルには”内服薬”と”外用薬”があり、症状や副作用のリスクなどによって使い分けられることがあります。

ミノキシジル内服薬

ミノキシジル内服薬

ミノキシジル内服薬は通称“ミノキシジルタブレット”と呼ばれている、ミノキシジルの内服薬です。

身体の内側から作用するため、外用薬に比べ高い発毛効果が期待できます。

発毛を促進させたい方やAGAが広範囲に及んでいる方に多く処方されています。

ただし、ミノキシジル内服薬は体内から作用する治療薬のため、外用薬に比べ副作用のリスクが高くなります。

ミノキシジル外用薬

ミノキシジル外用薬

ミノキシジル外用薬は、リアップなどの市販でも販売されている塗り薬になります。

ドラッグストアや薬局でも簡単に入手できることもあり、手軽な薄毛治療として使用している方が多くいます。

また、薄毛が気になる部分にピンポイントに使用できることから、最近薄毛が気になりだした方などにミノキシジル外用薬は人気があります。

外用薬は外側からのアプローチになるため、ミノキシジル内服薬に比べ発毛効果は劣りますが、副作用のリスクも低いことから扱いやすい治療薬です。

ミノキシジルを併用する際の注意点

プロペシアとミノキシジルを併用することで改善効果は高まりますが、それぞれの副作用には注意しなければなりません。

また、ミノキシジル内服薬を併用する場合は併用禁忌薬にも気を付ける必要があります。

治療薬を併用することで副作用が起こるリスクなどが多少上がってしまうので、薬を併用する場合は必ず医師に相談のもと服用するようにしましょう。

プロペシアとミノキシジルの併用について詳しく確認する

プロペシア(フィナステリド)を安全に使用するために

プロペシアは併用禁忌もなく、安全性に優れている治療薬です。

しかし、持病により他に治療薬を服用する必要がある場合には、万が一のことも考えて処方医師に相談はするようにしてください。

また、プロペシアとミノキシジルの併用はAGA治療において一般的であるものの、体質などによっては服用のリスクが高くなってしまうので、個人の判断では使用せず、医師に相談したうえで服用しましょう。

プロペシア 併用禁忌記事一覧

プロペシアとリアップは併用できる?相乗効果で効率よくAGAを改善しよう!

プロペシアとバイアグラは併用可能?ED治療薬との飲み合わせについて

フィナステリドとデュタステリドは併用NG?その理由と効率的な治療法