プロペシア(フィナステリド)の服用方法|効果的な飲み方はある?

プロペシア(フィナステリド)は正しく服用することで安全にAGA治療を行うことができる治療薬です。

用法用量を守り、毎日服用することで薄毛の進行を抑え、AGAの改善が期待できます。

ここでは、プロペシアの正しい服用方法や効率的な飲み方について詳しくご紹介していきます。

目次

  1. プロペシア(フィナステリド)の服用方法
  2. プロペシア(フィナステリド)の効果的な飲み方は?
  3. プロペシア(フィナステリド)を飲み忘れた場合は?
  4. プロペシア(フィナステリド)服用の注意点
  5. プロペシア(フィナステリド)を服用する上で大切なことは?

プロペシア(フィナステリド)の服用方法

プロペシア(フィナステリド)の服用方法は、次のようになっています。

  • 服用回数:1回/日
  • 用量:0.2~1㎎/1回
  • 作用時間:約24時間
  • 食事の影響:なし
  • 服用タイミング:いつでも可

プロペシアの錠剤には「0.2mg」と「1mg」の2種類があります。
一般的に1㎎が処方されることが多いですが、副作用がでてしまうような場合は0.2㎎への切り替えが可能です。

また、プロペシアは毎日決まった時間に服用すると効果的にAGAが改善できます。

毎日決まった時間に服用することが大切な理由

プロペシアは、毎日決まった時間に服用することが望ましいとされています。

その理由としては、プロペシアの効果を継続的に得て、 AGAの原因となるDHTを常に抑制するためです。

プロペシアの作用時間は約24時間であるため、毎日決まった時間に服用することで継続的に効果を得ることができます。

毎日決まった時間に服用するためには、毎日のルーティンに組み込むと飲み忘れを防ぎやすくなります。

服用のタイミング

プロペシアには服用する時間帯や食事の影響などがありません

食前・食後のどちらの服用もできるため、食事の時間帯なども気にする必要がなく服用できます。

ただし、お酒を飲まれる方は服用から7時間以上空けてから、お酒を飲むようにしてください。

お酒を毎日飲まれるという方は、プロペシアをできるだけ朝に服用するようにしましょう。

プロペシアの服用のタイミングについて詳しく確認する

用量について

プロペシアの 1日の上限は1㎎となっており、それ以上の用量は副作用のリスクを上げてしまいます。

また、プロペシアは「用量が高ければ効果が高い」というわけではなく、臨床試験では0.2㎎と1㎎の効果に大きな差はないと報告されています。

そのため、プロペシアを服用する場合は副作用が起こらない程度の用量を選択することが重要になってきます。

プロペシアの服用量の違いついて詳しく確認する

プロペシア(フィナステリド)の効果的な飲み方は?

プロペシア(フィナステリド)の効果的な飲み方や相乗効果が得られる飲み方を紹介します。

それぞれ詳しく紹介していきます。

毎日継続して服用する

プロペシアを服用するにあたっての基本となるのが、毎日服用することです。

飲み忘れなどが多い場合は、期待した効果が得られないことがあります

毎日継続して服用するためには、1日のルーティンの中に組み込むことで飲み忘れを防ぐことができます。

サプリとの併用

髪の毛の発毛・育毛を促すためには、髪の毛を構成する栄養が必要になります。

以下は髪の毛の発毛・育毛に欠かせない主な栄養素です。

  • 亜鉛
  • L-リジン
  • タンパク質

など

食事などで補うことができない栄養素がある場合はサプリメントを活用して、積極的に摂取しましょう。

ミノキシジルとの併用

プロペシアはミノキシジルと併用することで、薄毛の進行を抑えながら発毛を促すことができます。

  • プロペシア
    ⇨ 薄毛の進行を抑える
  • ミノキシジル
    ⇨ 発毛・育毛

ミノキシジルには高い発毛効果があるため、プロペシアとの併用で効率的な薄毛改善が期待できます。

プロペシアとミノキシジルの併用について詳しく確認する

生活習慣の改善

プロペシアを服用していても、睡眠や食事など日々の生活習慣が悪いと効率的な薄毛改善は望めません。

効率的な薄毛改善を行う場合は、以下のような生活習慣を見直しましょう。

  • 運動→血行促進し頭皮環境を改善
  • 睡眠→髪の毛の発毛・育毛促進
  • 食生活→髪の毛を構成する栄養素を摂取(タンパク質・ビタミン・ミネラル)

など

特に睡眠と食事は重要です。

睡眠中は成長ホルモンが分泌されることで髪の毛成長が最も期待できます。
睡眠不足になると、成長ホルモンが分泌されづらくなるため、髪の毛も成長できなくなってしまいます。

また、食事ではタンパク質やビタミンなど栄養素バランスを意識した食事を心がけてください。
コンビニ弁当や外食は糖質や脂質、塩分が多く、髪の毛の成長に必要な栄養素が不十分なのでできるだけ避けるようにしましょう。

プロペシアの効果的な服用方法を詳しく確認する

プロペシア(フィナステリド)を飲み忘れた場合は?

プロペシアを飲み忘れた場合は、以下のように対応してください。

  • 同日中に飲み忘れに気付いた場合:気付いた時点で服用
  • 前日の飲み忘れに翌日気付いた場合:本日分だけ服用(飲み忘れた分は服用しない)

プロペシアの飲み忘れ・空腹時の服用について確認する

飲み忘れた分の過剰投薬は危険

前日の飲み忘れを翌日に気付いた場合、前日に飲み忘れた分は服用しないでください。

プロペシアは1日に用量の上限が決まっており、決められた用量以上の服用は副作用のリスクを上げてしまいます

肝機能障害など重い副作用などが発症する可能性もあるので、飲み忘れた分をまとめて服用しないでください。

プロペシア(フィナステリド)服用の注意点

プロペシア(フィナステリド)の服用する際の注意点を紹介します。

グレープフルーツジュースでの服用

グレープフルーツやグレープフルーツジュースには肝臓の代謝を阻害する作用があります。

そのため、プロペシア服用中にグレープフルーツを摂取するとプロペシアが代謝できず、作用が弱くなったり強くなったりする可能性があります。

作用が強く出てしまった場合は副作用が起こる可能性があるので、プロペシア服用中はグレープフルーツを避けましょう。

プロペシアとグレープフルーツの関係について詳しく確認する

アルコールでの服用

プロペシア服用後、7時間以上空けて飲酒をするのは問題ありません。

しかし、プロペシアをお酒で服用すると危険が伴います。

プロペシアをお酒で服用することで、肝臓に負担がかかるため肝機能障害などの副作用のリスクが上がってしまいます

また、過度な飲酒はAGAの原因であるDHTを増加させることや髪の毛の成長に必要なビタミンなどの栄養素を分解してしまいます。

プロペシアとアルコールについて詳しく確認する

錠剤を割る場合は注意

プロペシアは、未成年の男性や妊娠中の女性が触れたり、吸い込んだりしてはいけません。

プロペシアは男性ホルモンに作用する治療薬のため、未成年の男性や妊娠中の胎児が男児だった場合、生殖異常が現れる可能性があるためです。

用量を調節するため、プロペシアを半分に割ったりする場合もありますが、その際は未成年の男性や妊娠中の女性が触れたりしないように注意してください。

  • 女性
    妊娠中の胎児が男児である場合、生殖器に影響がある可能性
  • 未成年の男性
    成長期に必要なDHTを阻害するため、生殖器に影響がでる可能性

プロペシアが妊婦に与える影響について詳しく確認する

副作用を感じたらすぐに医師に相談

プロペシアを服用中、副作用や身体に異変を感じることがあった場合はすぐに医師に相談してください。

個人の判断で服用の継続や中断を選択すると症状が悪化する可能性もあります。

プロペシアに対して疑問点などがある場合は、医師に相談して納得したうえで治療を行いましょう。

プロペシアの副作用について詳しく確認する

プロペシア(フィナステリド)を服用する上で大切なことは?

プロペシアは、毎日継続して服用することでAGAの進行を抑えることができる治療薬です。

治療するうえでは"継続"がもっとも大切なことになります。

また、毎日服用するため正しい服用方法を身に着けておくことも重要です。

誤った服用を行うと副作用のリスクを上げてしまいます。

そのため、プロペシアで薄毛治療を行う際は、医師の診断を受けて正しい服用方法や自身に合った用量を調節してもらったうえで、安全に服用しましょう。

プロペシア飲み方 記事一覧