ミノキシジルと飲み合わせると危険!併用してはいけない薬

飲み合わせ

AGA治療薬の中でも唯一発毛効果が期待できるミノキシジルですが、飲み合わせを誤ると強い副作用を引き起こす場合があります。

また、反対にミノキシジルの効果を後押しする飲み合わせもあり、その場合より高い治療効果が期待できます。

ここでは、ミノキシジルと併用してはいけない薬、より効果を高めてくれる飲み合わせなどを詳しくご紹介します。

ミノキシジルと注意が必要な飲み合わせ

注意

発毛効果が期待できるミノキシジルはAGA治療では定番の治療薬となっていますが、飲み合わせには注意しなければいけません。

飲み合わせが悪いと副作用が起こりやすくなってしまうためです。

副作用のリスクを減らしつつ効果を発揮させるためにも、服用中に注意が必要な飲み合わせを詳しくご紹介していきます。

【内服薬】ミノキシジルタブレットの場合

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレット(通称:ミノタブ)は発毛効果が高いAGA治療薬です。

ミノキシジルタブレットは体内に取り込んで作用するため、外用薬に比べると飲み合わせには注意が必要になります。

アルコール

薬とアルコールの相性は基本的によくないですが、ミノキシジルタブレットについては特に注意する必要があります。

ミノキシジルタブレットには血管拡張作用があり、アルコールにも血管を弛める働きがあるためです。

そのため、飲み合わせると必要以上に血圧を下げてしまい副作用が現れやすくなります

ミノキシジルタブレット服用中に飲酒をする場合は、服用前の7時間は控えるようにしてください。

イブプロフェン・ロキソニンなどの鎮痛剤

ミノキシジルタブレット服用中は、イブプロフェンやロキソニンといった鎮痛剤との併用ができません

  • イブプロフェン
    ⇨ 血圧を下げる作用がある
  • ロキソニン
    ⇨ 血圧を上げる作用がある

いずれも血圧に作用するため、もともと降圧剤であるミノキシジルタブレットと併用すると副作用が起こりやすくなります

ミノキシジルタブレット服用中に鎮痛剤を使用する場合は、医師・薬剤師に相談して併用可能な鎮痛剤を使用してください。

ED治療薬

ミノキシジルタブレットとED治療薬は、どちらも血管拡張作用があります。

どちらも血流を良くすることで症状の改善効果が期待できる治療薬ですが、併用することでそれぞれの作用が強く出てしまいます。

  • 低血圧による"めまい"や"ふらつき"などの症状が現れる
  • それぞれの治療薬の副作用が強く出てしまう

併用することで副作用のリスクを増加させてしまうので、ミノキシジルタブレット服用中にED治療薬を服用することは避けましょう。

降圧剤

降圧剤とは高血圧治療で使用される治療薬です。

ミノキシジルタブレットはもともと降圧剤として用いられていた治療薬であるため、降圧剤と併用すると低血圧症を引き起こしてしまう可能性があります。

そのため、ミノキシジルタブレット服用中に高血圧治療を受ける場合は、医師にミノキシジルタブレットを服用していることを伝えましょう。

【外用薬】リアップ、ミノキ5などの場合

外用薬

リアップやミノキ5などのミノキシジル外用薬は皮膚に直接塗布するので、内服薬であるミノキシジルタブレットほど飲み合わせを気にすることはありません。

しかし、外用薬であっても主成分がミノキシジルである以上は注意が必要です。

ここからはミノキシジル外用薬の使用中に注意すべき点を紹介します。

他の育毛剤、外用薬との併用は避ける

ミノキシジル外用薬の使用中は他の育毛剤や軟膏などの外用薬の使用は避けましょう。

ミノキシジル外用薬を使用中に他の外用薬などを使用するとミノキシジルの吸収が阻害されることがあります。

また、場合によってはかゆみやかぶれといった副作用が起こりやすくなります

頭皮に傷や炎症などの症状が出ている状態でかゆみ止めや炎症を抑える外用薬を使用する場合は、ミノキシジル外用薬の使用は一時的に中断してください。

併用することで症状が悪化する可能性があります。

傷・炎症がなどの症状が回復してからミノキシジル外用薬の使用を再開するようにしてください。

AGA治療の効率が上がる飲み合わせ

飲み合わせ

ミノキシジルは飲み合わせの悪いものとは反対に、AGA治療の効率を高めてくれる飲み合わせもあります。

AGA治療薬と併用することで、より高い薄毛改善効果が期待できます。

ここからはミノキシジルと相乗効果が期待できる、薬や日常的に取り入れやすいサプリなどをご紹介していきます。

プロペシアとの併用は定番の治療方法

AGA治療において定番とされているのが、ミノキシジルとプロペシアの併用です。

プロペシアにはAGAの進行を抑える効果があり、AGA治療では第一選択薬として多くのクリニックで処方されています。

発毛効果のあるミノキシジルと組み合わせることで、発毛を促しならAGAの進行を予防できるので相乗効果が期待できます。

また、それぞれの作用が異なるため、併用しても副作用のリスクが上がることもありません。

そのため「プロペシア+ミノキシジル」は、AGA治療では定番の治療方法となっています。

ミノキシジルとプロペシアの相乗効果とは?

亜鉛、L-リジンなどのサプリメント

AGA治療で必要な栄養と考えられているのが髪の材料となる「タンパク質(アミノ酸)」や、その働きをサポートする「ビタミンB群」、「ミネラル」といった3つの栄養です。

  • タンパク質(アミノ酸)
    ⇨ ケラチン、L-リジン など
  • ビタミンB群
    ⇨ ビタミンB2、葉酸 など
  • ミネラル
    ⇨ 亜鉛、鉄 など

この他にもビタミンA・C・E(エース)を摂取することで相乗効果も期待できます。

毎日の食事で十分な栄養を摂取できない方はミノキシジルと併せて、手軽に栄養を摂取しやすいサプリを取り入れるのがお勧めです。

カフェイン

AGAを改善する成分として、最近注目を集めているのがカフェインです。

ニューヨークのある皮膚科医は「DHTを自然に抑制する」と説明しており、さらにカフェインは血流を良くするためミノキシジルと似た働きがあるともしています。

朝の眠気覚ましや、ちょっと一息つく時に、カフェインの入ったコーヒーや紅茶、緑茶などを取り入れることをお勧めします。

3ヶ月毎日飲むことで薄毛の改善を後押ししくれるため、まずは3ヶ月を目標に続けてみると良いでしょう。

またカフェインの取り過ぎは体に良くないので、1日3杯を目安に飲みましょう。

ミノキシジルと併用する前に医師に相談しよう

ミノキシジルでのAGA治療は、継続して使用することが大切です。

AGA治療は長期的な治療になることが多いため、副作用のリスクを避けながら服用を続けていく必要があります。

そのため、ミノキシジル使用中の飲み合わせや薬の併用には注意しましょう。

ミノキシジル以外の薬を使用する場合は、必ず医師に相談するようにしてください。

ミノキシジルの飲み合わせ 記事一覧