ミノキシジルは女性の薄毛にも効果があるのか?女性が使える薄毛治療薬を紹介

ミノキシジルは女性の薄毛にも効果があるのか?

男性型脱毛症のAGAを改善する治療薬として利用されているミノキシジル。
このミノキシジルは、AGA治療薬の中でも女性も使用できる薬です。
ただし、ミノキシジルを女性が使う場合には制限があるなどの注意点があります。
こちらのページでは女性でも使えるミノキシジルの紹介や、ミノキシジルの中でも使えないものを解説していきます。

ミノキシジルは女性にも効果がある

ミノキシジルの女性にも効果

薄毛を治療するミノキシジルは女性にも効果があり、2017年に日本皮膚学会から発表された女性型脱毛症診療ガイドラインでも女性型脱毛症の治療に外用薬のミノキシジルを用いた治療は強く推奨されています。
ただし、女性がミノキシジルを使う場合は副作用リスクの観点から2%までとなっています。
また、クリニックによっては少量の内服タイプのミノキシジルを処方することもあります。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルが持つ薄毛の改善効果は大きく分けて2つに分類できます。

頭皮の血管を広げ血流を促進する
毛を作る毛包の働きを活発化させる

血流が促されることによって、栄養が頭皮の隅々の髪の毛まで行き渡ることによって髪の毛1本1本の成長を促します。
また、毛根を包み込む毛包の働きが活発になることで、タンパク質の合成や細胞分裂が活発になります。
その結果、発毛が促されます。
これらの効果によって、発毛を促し、髪の成長を活発化させることで薄毛を改善へと導くのがミノキシジルです。

ミノキシジルの種類

現在、薄毛の治療に使われているミノキシジルは外用薬タイプと内服薬タイプの2種類あります。
ここからは、この外用薬と内服薬のミノキシジルについて、それぞれの特徴や使い方を紹介していきます。

ミノキシジル外用薬

外用薬タイプのミノキシジルは、一般用医薬品として様々な製薬会社から販売されています。
薄毛の気になる場所に塗布して揉み込むだけでよいため、簡単に使えるという特徴があります。
また、一般用医薬品であるため、薬局などでも簡単に手に入れることができます。
現在、ミノキシジル濃度1~5%のものが販売されていますが、女性が使えるのは2%までとなっている点に注意が必要です。

女性用ロゲインの効果について詳しく見る

ミノキシジル外用薬は市販で購入できる

前述の通り、ミノキシジルは一般用医薬品という分類であるため、薬局や通販サイトでも購入することができます。 しかし、実際にミノキシジルを購入して使う場合は、安全な使用のために事前に医師に相談するなどして使用法について指導を受けるのがおすすめです。

ミノキシジル内服薬

ミノキシジルには外用薬タイプだけでなく内服薬タイプのものもあります。
こちらの内服薬タイプの使い方は、他の内服薬と同様に錠剤を水やぬるま湯で服用するだけです。
外用薬は使用後に乾くまで待つ必要がありますが、内服薬はその手間がありません。
国内ではまだ認可されておらず、薬局や通販サイトなどで購入することはできません。
ただし、クリニックの独自診療として処方することはできるため、クリニックによってはミノキシジルの内服薬を処方していることがあります。

女性に制限がある理由

女性の薄毛にもミノキシジルの使用による治療が推奨されていることはお伝えしました。
しかし、女性の場合は使えるミノキシジルは2%までという制限があります。
この2%という制限はなぜなのでしょうか?

これは、日本皮膚学会から発表された女性型脱毛症診療ガイドラインでも報告されているように、女性の場合、5%ミノキシジルの使用で15%近く副作用が報告されている一方、2%ミノキシジルでは6%と副作用のリスクが半分以下となっているためです。

男性が使うプロペシアやザガーロも女性は使うことができない

女性は使うことができない

女性の薄毛治療にはミノキシジルの使用が推奨されていますが、プロペシアやザガーロは推奨されていません。
これは、女性がプロペシアやザガーロを使うことによってさまざまなリスクがあるためです。
プロペシアやザガーロは男性ホルモンに影響を与えるAGA治療薬であるため、女性が使うことでただでさえ少ない男性ホルモンが更に少なくなってしまうといった状態になります。
例えば妊娠している方の場合、男性ホルモンは胎児の生殖器形成に必要です。
そのため、男性ホルモンが減少することで胎児の生殖器に異常が起きてしまうといったリスクがあります。
また、プロペシアは皮膚からでも吸収されるので妊娠している女性の場合はプロペシアやザガーロに触れないように注意する必要があります。

妊婦がプロペシアを触れる危険性について詳しく見る

女性の薄毛予防にはこれ!!

女性の薄毛治療にはプロペシアやザガーロは使えません。
しかし、治療薬のミノキシジル以外に女性の薄毛予防に役立つサプリメントもあります。
ここからは、そんな人気の薄毛予防サプリの中でも人気の2商品を紹介します。

パントガール

パントガールはドイツのMerz Pharmaceuticalsが製造、販売するサプリメントです。
パントテン酸カルシウムと共に、髪を作るケラチンやシスチンを配合しており、脱毛を防ぎながら髪の成長や発毛をサポートして、薄毛を改善へと導くとされています。
また、パントガールが作られたドイツでは治療薬として承認されています。
しかし日本では、配合成分の多くが栄養成分であり医薬品成分をほとんど含まず、副作用のリスクがほとんどないためサプリメントとして使われています。

ルグゼバイブ

ルグゼバイブはFOLLICSが製造、販売している薄毛改善をサポートするサプリメントです。
有効成分として、前述のパントガールと同じパントテン酸カルシウムやケラチン、シスチンを配合しています。
ルグゼバイブはパントガールと同様の成分にプラスして、馬プラセンタやコロストラムといった美容成分が配合されています。
そのため、パントガールと同じく脱毛を防ぎながら髪の成長や発毛のサポートすることに加えて、馬プラセンタやコロストラムなどの美容成分によってスキンケアやエイジングケアのサポートも期待できるようになっています。
薄毛とエイジングケアを同時にサポートするため、髪だけでなくお肌も気になるという時に適したサプリメントになっています。

女性薄毛にもミノキシジルは効果がある

現在、AGAの治療を行うための治療薬にはプロペシアやミノキシジルなど様々な種類のものがあります。
しかし、女性の薄毛を改善する場合、プロペシアやザガーロなど多くの治療薬を使うことができず、ミノキシジルやサプリメントを用いた改善が一般的です。
ただし、ミノキシジルは女性でも使用することはできますが、2%までに制限されているためミノキシジルを初めて使う場合はクリニックなどで医師に相談した上で使用するのが最適です。

関連記事一覧