AGA完全ガイド!原因や治療法から予防対策まで徹底解説!

AGA完全ガイド

AGA(男性型脱毛症)とは、日本人男性の約30%が発症しているといわれる進行性の脱毛症です。
しかし、いざ調べてみると「情報が多すぎてよくわからない」という方もいることでしょう。

そこで、ここではAGAの「症状」「原因」「予防法」「治療法」などの基本情報をわかりやすく解説していきます。

目次

  1. AGA(男性型脱毛症)とは?
  2. AGAの症状は?
  3. AGAの原因
  4. AGAの治療法と費用を確認しよう
  5. AGA治療の流れを確認
  6. AGAの治療期間
  7. AGAの予防・対策法
  8. AGA以外にも脱毛症はある
  9. AGAを感じたらすぐに医師に相談しよう!

AGA(男性型脱毛症)とは?

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で、日本語では「男性型脱毛症」と呼ばれます。

額の生え際や頭頂部のつむじ周辺から脱毛がはじまりますが、注意すべき点は、 AGAが進行性であるということです。
何もしなければ、徐々に薄毛の範囲は広がり、最終的には前頭部から頭頂部にかけて髪の毛がない状態になってしまいます。

薄毛に悩む男性の約90%がAGAであるといわれていますが、改善する手段がないわけではありません。
現在は、AGAに対して有効性の高い治療法があるため、積極的に治療に取り組む方が増えています。

日本人男性の約30%がAGA

日本皮膚科学会が発表している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」によると、年齢を問わず日本人男性のAGAの平均発症率は約30% とされています。
つまり、 3人に1人はAGAを発症している可能性があるのです。

この数値が示すようにAGAは決して他人事ではないことを理解しなくてはいけません。


年代別発症率を確認

続いて、年代別のAGA発症率を確認してみましょう。

  • 20代:約10%
  • 30代:約20%
  • 40代:約30%
  • 50代以降:40数%

年代が上がるにつれ発症率は高くなりますが、最近では、10代でもAGAを発症している方も増加傾向にあるといわれています。
ただし、AGAは年齢に関係なく、適切に治療を行うことで改善効果が期待できます。

満足な改善効果を得るために最も重要なのが早期治療です。

AGAの初期段階で治療を行うためには、AGAの症状を正しく理解しなくてはいけません。
次項で詳しく確認してみましょう。

AGAの症状は?

AGAの症状は?

AGAの症状は、ただ髪がなくなっていくだけというようなシンプルなものではありません。
発症の初期段階では以下の兆候が見られ、徐々に薄毛が進行していきます。

  • 抜け毛が増える
  • 髪の毛が細く短くなる
  • 髪の毛のハリやコシがなくなる
  • 産毛のような細く短い毛が増える
  • 以前よりおでこが広くなる

これらの兆候が出たさいに早めに治療を開始することが重要です。
なお、発症する部位もある程度決まっているため、ここで確認しておきましょう。

  • 額の生え際
  • つむじ周辺
  • 頭頂部

AGAは進行性の脱毛症ですが、進行パターンが決まっています。
次項で詳しく確認してみましょう。

AGAは進行性!進行パターンを確認しよう

AGAの進行パターンは以下の通りです。

  • 頭頂部から薄毛が進行
  • 額の生え際から薄毛が進行
  • 頭頂部と生え際から同時に進行

上記の進行パターンを表したものが、「ハミルトン・ノーウッド分類」です。

日本では欧米人に見られない頭頂部の薄毛が多く存在しているため、ハミルトン・ノーウッド分類に「Ⅱvertex」を加えた「高島分類」が主に利用されています。

※Ⅱvertex…頭頂部の進行パターン

ハミルトン・ノーウッド分類
段階 薄毛の状態 抜け毛の本数
I型 おでこの生え際から少し薄毛が始まり、M字型に髪の毛が後退し始める状態。 3,000~4,000本
II型(IIa型、II Vertex型) I型の進行した状態。M字型の後退がより進み、さらに切れ込みが強くなります。IIa型は前頭部が全体的に後退します。
II Vertex型は、II型の薄毛に加えて、頭頂部にも薄毛が見られます。
5,000~8,000本
III型(IIIa型、III Vertex型) II型がさらに進行した状態。M字型の切れ込みがさらに深くなり、M字型の中央部も薄毛になります。
IIIa型は前頭部から頭頂部にかけて全体的に後退します。
III Vertex型は、III型の薄毛に加え、頭頂部にも薄毛が見られます。
9,000~15,000本
IV型(IVa型) III型がさらに進行した状態。頭頂部にO字型の薄毛が出始めます。
IVa型は前頭部から頭頂部にかけてさらに後退し、薄毛が前頭部と頭頂部に薄毛が残る状態です。
15,000~25,000本
V型(Va型) IV型がさらに進行した状態。生え際の後退が進み、O字型の薄毛の範囲も広がります。M字型の中央部分が残ります。
Va型は前頭部には毛がほぼなく登頂部に薄毛が残る状態です。
25,000~35,000本
VI型 M字型とO字型の薄毛が繋がり、側頭部と後頭部に発毛が残る状態です。 35,000~45,000本
VII型 VI型がさらに進行した状態です。側頭部の薄毛も進み、全体的に頭髪が減り、後頭部の耳の近くと、首に近い側頭部に頭髪が残ります。 45,000~60,000本

正常な男性の髪の毛の本数はおよそ10万本といわれています。
上記を確認すると、Ⅲ型で全体の1割、Ⅴ型で3割、Ⅵ~Ⅶ型で半分以上の髪の毛が抜けている事が分かります。

自分がAGAかを確認する方法

ここまで、AGAの症状や進行パターンを確認してきましたが、自分がAGAかどうか判断するのは困難と感じる方も多いことでしょう。

そこで、ここでは自分がAGAかを確認する方法を紹介します。
まずは、以下の項目に自分が該当しているかチェックしてみましょう。

  • 抜け毛の量が増えてきた
  • 額が広くなってきた
  • 頭頂部の地肌が気になるようになってきた
  • 髪の毛のハリやコシが低下してきた
  • 髪の毛が細くなってきた
  • 髪の毛のボリュームが全体的に減ってきた
  • 血縁関係の親戚に薄毛の方が多い

複数該当する場合は、AGAの可能性が高くなります。

あくまで参考程度のAGAチェック法なため、診断に代わるものではありません。
ただし、複数該当する方は、AGAの疑いがあるため、診察もかねて医師に相談してみると良いでしょう。

AGAの原因

AGAの原因

AGAの原因として考えられているのは以下の通りです。

  • 男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」
  • 遺伝
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス
  • 間違ったヘアケア

など

この中で、主なAGAの原因として考えられているのは「DHT(ジヒドロテストステロン)」です。

ただし、AGAは複数の要素が絡み合い発症する可能性があることを覚えておきましょう。

主な原因はDHT

繰り返しとなりますが、AGAの主な原因は男性ホルモンの1種「DHT(ジヒドロテストステロン)」です。
DHTは、男性の体内に必ず存在する「テストステロン」という男性ホルモンと「5αリダクターゼ」という酵素が結合して生成されます。

  • テストステロン + 5aリダクターゼ = DHT

このDHTがどのようにAGAを発症・進行させるのか知る上で重要なのが髪の毛が生えてから抜けるまでのヘアサイクルです。
健康な髪であれば、以下のようなヘアサイクルとなります。

  • 成長期(髪が成長する時期):2~6年
  • 退行期(成長が止まる時期):2~3週間
  • 休止期(抜ける時期):3〜4ヶ月

しかし、DHTが毛包のAR(アンドロゲンレセプター)と統合することで脱毛因子が活性化されます。
すると成長期が短縮され、数カ月~1年で髪の毛が抜け落ちてしまうのです。
これこそが、AGAの発症・進行の原因となります。

AGAの原因を詳しく確認する

AGAの治療法と費用を確認しよう

AGAの治療法

AGAの症状や原因を紹介してきましたが、ここからはAGAの治療法と費用を確認していきましょう。

AGAの治療法はさまざまありますが、大きくわけると2つにわけられます。

  • AGA治療薬
  • 施術

それでは、詳しく確認していきましょう。

AGA治療薬とは?

AGA治療薬とは、その名の通りAGAを改善する効果のある治療薬です。

大きくわけると以下の2つのタイプにわけられます。

  • 脱毛を防ぐ「守り」タイプ
  • 発毛を促す「攻め」タイプ

脱毛を防ぐ「守り」タイプの治療薬はプロペシアとザガーロです。
対して、発毛を促す「攻め」タイプの治療薬はリアップなどで知られる有効成分ミノキシジルを含有する治療薬となります。

それぞれの簡単な特徴と費用などを以下で確認してみましょう。

プロペシア ザガーロ ミノキシジル(外用薬・内服薬)
特徴 ・脱毛を防ぐ
・国内初のAGA治療薬
・AGA治療薬の第一選択薬
・脱毛を防ぐ
・国内第2のAGA治療薬
・プロペシアの1.6倍の発毛効果
・発毛効果が認められている唯一の成分
・外用薬と内服薬がある
有効成分 ・フィナステリド ・デュタステリド ・ミノキシジル
効果・効能 ・男性における男性型脱毛症の進行遅延 ・男性における男性型脱毛症 ・壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛の進行予防
作用 ・5αリダクターゼII型を抑制 ・5αリダクターゼI型・II型を抑制 ・毛母細胞の活性化
・血管拡張作用
用法・用量 ・1日1回0.2mg~1mgを服用 ・1日1回0.1mg~0.5mgを服用 ・内服薬:1日1回5mgを服用(※)
・外用薬:1回1mlを朝晩2回、脱毛している頭皮に塗布
ジェネリック ・フィナステリド錠 ・デュタステリドカプセル ・外用薬のみ(リアップジェネリック)
1か月の費用相場 ・プロペシア:6,500~10,000円
・フィナステリド錠:4,500~6,000円
・ザガーロ:8,000~12,000円
・デュタステリドカプセル:6,000~10,000円
・ミノキシジル内服薬:8,000~10,000円
・ミノキシジル外用薬:6,000~8,000円

(※)ミノキシジル内服薬の服用量は目安です。体質や症状に応じて医師と相談の上、服用量を決めましょう。

AGA治療において、メインとなる治療法がこれらのAGA治療薬です。

AGA治療薬について詳しく確認する

施術とは?

AGAクリニックでは、AGA治療薬の他に以下の施術と呼ばれる治療を行っています。
主な施術と1回あたりの相場を確認していきましょう。

育毛メソセラピー
成長因子をベースとした"カクテル"と呼ばれる、クリニック独自に調合した薬剤を頭皮に注入していく治療です。
毛根内の細胞を活性化させることで、発毛を促す効果が期待されています。
1回あたりの費用相場:15,000~35,000円

HARG療法
HARG療法とは、「HARGカクテル」と呼ばれる幹細胞から抽出した150種類以上の成長因子が含まれる薬剤を頭皮下に直接注入する施術です。
ヘアサイクルを整え、髪の成長力を取り戻す効果が期待でます。
なお、「HARGカクテル」はどのクリニックでも同一のものが使用されます。
1回あたりの費用相場:20,000~110,000円

自毛植毛
AGAの影響を受けにくい後頭部や側頭から、皮膚組織ごと移植するのが自毛植毛です。
外科治療になることから大がかりではあるものの、一度定着すれば自然なヘアサイクルで髪が生えてくるようになります。
1回あたりの費用相場:800,000円~1,000,000円

AGAの治療法について詳しく確認する

無料カウンセリングで自分に合った治療法を見つけよう!

AGA治療法はさまざまあるため、「どの治療法が自分に最適なの?」と思われる方は多いことでしょう。

そこで活用してほしいのが、無料カウンセリングです。

AGAクリニックで実施している無料カウンセリングは以下のような流れで行われます。

  1. 医師による問診、診察
  2. 頭皮チェック
  3. カウンセリング
  4. 治療内容や料金の説明

このように頭皮の状態や症状の確認はもちろん、自分に適した治療法やその費用について詳しく説明してもらえます。
もちろん、一切の費用は発生しませんし、ムリな勧誘などもありません。

クリニックや医師の雰囲気を知ることもできるため、ぜひ、1度無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

AGA治療の流れを確認

AGA治療の流れ

ここからは、AGA治療の流れについて紹介していきます。

  • 通院(対面診療)の場合
  • オンライン診療の場合

それでは、通院(対面診療)の場合から確認していきましょう。

通院(対面診療)の場合

対面診療の一般的な流れは以下の通りです。

  1. 予約
  2. 予約日に受診
  3. カウンセリング・頭部撮影(診察用)
  4. 医師の診察
  5. 血液検査(希望・もしくは医師が必要と判断した場合)
  6. 治療薬or施術治療スタート
  7. お会計

クリニックだからといって特別なことはなく、一般的な病院と変わることはありません
ただ治療を希望しても診察や血液検査の結果によっては、希望に沿えないこともあることは理解しておきましょう。

オンライン診療の場合

オンライン診療の流れも、対面診療とほとんど変わることはありません。

  1. 予約
  2. 予約日当日にビデオ通話による受診
  3. カウンセリング
  4. 医師の診察
  5. 血液検査(医師が必要と判断した場合のみ)
  6. 治療薬の郵送
  7. お会計

オンライン診療の場合、血液検査は自己採血キットを使って自分で行います。

クリニックによってはオンライン診療アプリのダウンロードが必要になる場合があります。
また、治療薬の郵送には、別途送料がかかる場合もあることを理解しておきましょう。

なお、オンライン診療は治療薬のみを希望する場合に相性が良いといえるでしょう。

オンライン診療について詳しく確認する

AGAの治療期間

AGAの治療期間

ここでは、AGAの治療期間について紹介していきます。

AGA治療はさまざまありますが、一般的に効果を実感できるまで期間は早い人で3カ月、通常6ヶ月といわれています。

なお、AGAは治療を継続することで改善はできますが、現代医学では残念ながら完治はしません。
治療を続けないと元の状態に戻ってしまう可能性があることを理解しておきましょう。

ただし、一定の改善が認められれば、減薬などによる維持療法に切り替えることは可能です。

AGAは一生治療を続けないといけないって本当?

AGA初期段階で治療を行うのがベスト!

AGAの治療は、初期段階で治療を行うことが重要といわれています。

なぜなら、進行すれば治療時間もかかり、もし毛根が死滅してしまうと治療しても髪を生やすことはできなくなるからです。
また、初期段階で治療を開始することで治療効果も出やすいと考えられています。

早く効果があらわれることで治療コストも抑えることができるため、不安を感じたらすぐに専門医へ相談をしましょう。

AGAの予防・対策法

AGAの予防・対策法は以下の通りです。

  • 生活習慣の改善
  • ストレス発散
  • 正しいヘアケア

など

とくに生活習慣の改善は重要といわれています。
髪の成長によいとされる栄養素をバランスよく摂取できる食事や質の高い睡眠などを心掛けましょう。

なお、上記の予防・対策法はAGA治療中に取り入れることで、改善効果が高まることが期待できます。

AGAの予防・対策法を詳しく確認する

AGA以外にも脱毛症はある

AGA以外にも脱毛症はある

薄毛や抜け毛に悩む男性の約90%がAGAといわれています。
しかし、脱毛症はAGAだけではありません。

  • FAGA
  • びまん性脱毛症
  • 産後脱毛症
  • 円形脱毛症
  • 粃糠性脱毛症

これらの脱毛症を詳しく確認してみましょう。

FAGA

FAGAは、「Female(女性の)AGA」の略で、「女性型男性脱毛症」とも呼ばれる女性に起こる脱毛や薄毛の症状です。
AGAとは異なり全体的に髪が薄くなるのが特徴で、主な原因は加齢による女性ホルモンの減少と考えられています。

主な治療法はAGAと同様に治療薬や施術となります。

治療薬による治療
  • ミノキシジル
  • パントガール
  • ルグゼバイブ

など

施術による治療
  • メソセラピー
  • 自毛植毛
  • スピロノラクトン

など

FAGAについて詳しく確認する

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、髪全体のボリュームが失われる脱毛症です。

主な症状は、前述で説明したFAGAと慢性・急性休止期脱毛症の2つにわかれますが、ここでは休止期脱毛症の症状について説明します。

通常、休止期で抜ける毛髪の割合は、10%程度とされています。
しかし、休止期脱毛症が発症すると抜ける毛髪の割合が20%ほどになってしまうのです。
なお、FAGAの場合、短い軟毛が脱毛しますが、休止期脱毛症の場合は、長く成長した硬毛が頭部全体から抜けていきます

主な治療法は、治療薬を用いる治療と施術となるためFAGAと大きく変わることはありません。
なお、並行して生活習慣の改善をすることが望ましいといわれています。

びまん性脱毛症について詳しく確認する

産後脱毛症

産後脱毛症とは、別名「分娩後脱毛症」とも呼ばれます。

妊娠をすると体内の女性ホルモンが大幅に増えることから髪が抜けにくくなります。
しかし、出産後は女性ホルモンが通常の量に戻るため、それまで抜けにくかった髪が一気に脱毛してしまうという症状があらわれます。

出産女性の約4割が経験するといわれていますが、約1年で自然治癒することがほとんどです。
ただし、脱毛量が多い場合や、他の脱毛症が併発してしまった場合は治療が必要となることを覚えておきましょう。

産後脱毛症について詳しく確認する

円形脱毛症

円形脱毛症とは、円形や楕円形に毛髪が抜け落ちてしまう疾患です。
「10円ハゲ」といわれる部分的な脱毛症も円形脱毛症の1部ですが、頭部だけではなく、眉毛やまつ毛、体毛にも症状があらわれることがあります。

主な原因として考えられているのは、自己免疫疾患による免疫機能の異常です。
その他にも原因として、アトピー性疾患やストレスも大きく関係し、遺伝的要因も解明されつつあります。

円形脱毛症の治療法は以下の通りです。

  • ステロイド療法
  • 局所免疫療法
  • 内服薬・外用薬を用いた治療
  • 冷却療法

など

円形脱毛症について詳しく確認する

粃糠性脱毛症

粃糠性脱毛症とは、頭皮の炎症が原因として発症する脱毛症です。

頭皮に炎症が起こると大量のフケが生じますが、このフケが毛穴をふさいでしまうことで毛穴にいる常在菌(マラセチア菌)が繁殖してしまいます。
その結果、毛穴が炎症を起こし、髪の成長が阻害されることで脱毛が起こると考えられています。
なお、かゆみを伴う場合も多いため、フケとかゆみが気になる場合はすぐに医師に相談しましょう。

主な治療法は、炎症をしずめるためのステロイド外用薬や皮脂の分泌をおさえる外用薬を使用するのが一般的です。
また、かゆみをおさえるために抗ヒスタミン薬を併用する場合もあります。

粃糠性脱毛症について詳しく確認する

AGAを感じたらすぐに医師に相談しよう!

AGAを感じたらすぐに医師に相談しよう!

AGAは、日本人男性の30%が発症している脱毛症なため、いつ発症してもおかしくはありません。
しかし、適切な治療を行えば年齢に関係なく改善効果が期待できます。

そこで重要となるのが早期発見・早期治療です。

最近、抜け毛が増えてきた・・・
おでこが広くなった気がする・・・

このようなちょっとした悩みや不安を感じた場合は、すぐに無料カウンセリングを活用して専門医に相談してみましょう。

そうすることで、きっと悩みや不安は解決されることでしょう。

AGA 記事一覧