ストレスはAGAの原因になる!?抜け毛の増加に繋がる行為とは?

ストレスはAGAの原因になる

抜け毛・薄毛を引き起こしてしまうAGAの原因は男性ホルモンとされていますが、男性ホルモン以外にも遺伝やストレスなど様々な原因で発症する場合があります。

ストレスそのものがAGAの直接的な原因にはなりませんが、ストレスが蓄積することで血行の悪化など頭皮環境に対して悪影響を及ぼしてしまい、AGAになりやすい頭皮環境を作ってしまいます。

ここではストレスに焦点をあてて、ストレスによる頭皮への影響やストレスの解消法を紹介していきます。

目次

  1. 精神的なストレスは抜け毛が増加する
  2. ストレスが頭皮に与える影響とは?
  3. 外的ストレスで頭皮を傷つけている場合もある
  4. ストレスを溜めない方法
  5. 手軽に始められるストレス解消法
  6. ストレスを解消することで抜け毛は改善しやすくなる

精神的なストレスは抜け毛が増加する

精神的なストレス

精神的なストレスは、頭皮環境を悪化させてしまいます。
頭皮環境が悪くなると髪の成長が止まり、抜け毛に繋がる可能性があります。

また、抜け毛が増えること自体がストレスとなってしまうことで、AGAを加速させてしまう可能性もあります。

そのため、AGAを改善するためには、ストレスを適度に解消し、頭皮環境を悪化させないようにすることが重要です。

ストレスが頭皮に与える影響とは?

ストレスが頭皮に与える影響

ストレスが溜まってしまうと以下のような症状が引き起こされる可能性があります。
以下の症状は抜け毛・薄毛を促す要因にもなります。

  • 自律神経の乱れ
  • 血行不良
  • 睡眠不足

ここからは、ストレスが頭皮に与える影響について説明していきます。

自律神経の乱れ

ストレスが溜まってしまうと自律神経に乱れが生じることがあります。
自律神経は、内臓の働きや体温の調整など意識しなくとも働く機能をつかさどる神経であり、交感神経と副交感神経の2種類あります。

ストレスが溜まってしまうことで、交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまい、身体にさまざまな支障があらわれます。

その症状の一つとしてホルモンバランスの乱れがあります。
ホルモンバランスが乱れてしまうことで、髪の成長に欠かせないホルモンが減少してしまい薄毛となってしまいます。

血行不良

自律神経の乱れはホルモンバランスを乱す以外にも、血管の収縮を促し血行不良を引き起こしてしまいます。
頭皮の血行が悪くなってしまうと頭髪への栄養供給が少なくなってしまいます

頭皮の血行が悪くなり十分な栄養供給が行われなくなってしまうと、次第に髪の健康状態が悪化していきます。
髪への栄養供給が少なくなることで、髪は十分な成長ができなくなります。
その結果、成長しないまま抜け落ちてしまい抜け毛・薄毛になります。

睡眠不足

ストレスによる自律神経の乱れは、睡眠不足も引き起こします。
本来、人は眠っている間に成長ホルモンなど髪や身体の成長を促すホルモンが分泌されて成長します。

しかし、睡眠不足になってしまうことで、成長ホルモンの分泌が減少してしまい髪の成長が阻害されます。
また、睡眠不足そのものが自律神経を乱す原因にもなるため、悪循環に陥ってしまい抜け毛に繋がりやすくなってしまいます。

外的ストレスで頭皮を傷つけている場合もある

抜け毛に繋がるストレスには、上記で紹介した精神的なストレスによる自律神経の乱れ以外にも、外的ストレスが原因となって抜け毛に繋がるケースもあります。

外的ストレスとは、頭皮へのダメージによってかかるストレスです。

ここからは、外的ストレスについて説明します。

パーマ・カラー、ワックスなどによる頭皮へのダメージ

パーマ・カラー、ワックス

外的なストレスとして代表的なものが、美容のためのパーマやカラー、またワックスやジェルなどの整髪料による頭皮へのダメージです。

パーマ液やブリーチ液は頭皮への負担も大きく、頭皮へのダメージは少ないものではありません。
他にも、ジェルやワックス、ヘアアイロンなどは髪の毛そのものへのダメージになってしまいます。
これらのダメージが蓄積してしまうことで、髪の毛の傷みや抜け毛に繋がります。

こうしたダメージへの抵抗力には個人差もあるため、肌が敏感な方はできるだけ避けるべきといえます。

紫外線は極力避けよう

紫外線

パーマやブリーチ、ヘアアイロンやジェルなどの整髪料などが頭皮や髪の毛にダメージを与えます。
さらに、上記以外にも頭皮などにストレスを与えるのが紫外線です。

紫外線は頭皮や髪の毛にストレス与えるだけでなく、髪の成長に必要不可欠となる毛包幹細胞の働きも弱めてしまいます

その結果、髪が十分に成長できず、抜けやすくなります。

頭皮環境が悪化することに加えて、髪の成長が十分でなくなり抜けやすくなってしまうことで、髪が抜けやすくなってしまいます。

ストレスを溜めない方法

ストレスを溜めない

精神的ストレスや外的ストレスは頭皮環境に悪影響を与えることもあり、AGAを引き起こす原因となります。
そのため、ストレスになることはできるだけ避ける、発散する、解決することがいいでしょう。

ここからは、ストレスを溜めない方法を紹介していきます。

ストレスの原因となることを解消する

ストレスを溜めない最も有効な方法は、ストレスの原因を解消することです。
ストレスの原因となることを解消することで気にすることが無くなるので、ストレスの蓄積が防げます。
また、時にはストレスになりそうな物事を避けたりすることも重要です。

1日のストレスをリセットする

日々のストレスは溜めるのではなく、できるだけその日の内に発散するようにしましょう。
そうすることで、大きなストレスを抱えることは少なくなるでしょう。
散歩や食事を少し豪勢にする、気分転換に出かけるなどをして日々のストレスを発散しましょう。
一日中で自分の楽しいことや好きなことを行い、次の日にストレスを持ち込まないことが大事です。

手軽に始められるストレス解消法

ここからは、ストレスを溜めないためのストレス解消法を紹介していきます。

ストレスを溜めないようにするための解消法には睡眠や運動、趣味などがあります。
自分に合った方法を用いることで効果的にストレスを解消できるようになるので、上手に活用していきましょう。

  • 十分な睡眠をとる
  • 運動をする
  • 趣味に打ち込む
  • 15~1時間程度で没頭できることを行う

十分な睡眠をとる

睡眠

睡眠時は副交感神経が優位になることでリラックス状態になり、ストレスを緩和する効果があります。
また、十分な睡眠をとることでできます。

睡眠不足が続くと脳が休息できず、集中力の低下などでミスや思考がまとまらないというようなことも起こるため、それによりさらにストレスが溜まる可能性もあります。

寝つきが悪いという方は、寝具を自分に合ったものに取り換える、読書や室内灯の色などで眠りにつきやすい雰囲気を作るという対策を取りましょう。
睡眠前のスマートフォンを触ったりすると眠気を覚ましてしまうため、なるべく触らないようにしてください。

運動をする

運動

適度な運動で体を動かすことには、ストレスを解消する効果があるだけでなく、運動には血行を促進する作用やホルモン分泌を促す作用、ダイエット効果など様々な利点があります。
また、適度な運動で疲労することで、眠りにつきやすくなり睡眠不足の解消などにも役立ちます。

筋トレをするとAGAになるってホント?

趣味に打ち込む

趣味

趣味に打ち込んでいる時間は幸せホルモンであるセロトニンが分泌され、ストレスを解消していきます。

ゲームや読書、音楽や映画鑑賞など自分の趣味に打ち込むための時間を適度に作り、ストレスを解消しましょう。

ただし、趣味であっても勝ち負けを伴う勝負事やギャンブルなどの場合は、ストレスを解消するどころか逆にストレスが溜まってしまう場合もあるため注意が必要です。

15~1時間程度で没頭できることを行う

没頭する

趣味に打ち込む以外にも、短時間だけでも集中できることに没頭することでもストレスは解消できます。

没頭する時間は15~60分といった比較的短い時間であってもストレス解消効果が期待できるので、休憩時間などを利用して行うことができます。
特に、スマートフォン向けのゲームや動画の鑑賞、読書などは全て手軽にできるため、おすすめです。

ストレスを解消することで抜け毛は改善しやすくなる

ストレスが抜け毛の直接的な原因となることはありません。
しかし、ストレスが蓄積してしまうと抜け毛へと繋がってしまうことも事実です。
言い換えると、日頃からストレスを溜めないようにすることでAGAの改善に繋がるともいえます。

ストレスを溜めないようすることで、治療の効果を高めることにも繋がるため、AGA治療を行う場合はストレス解消も適度に行いましょう。