女性用ロゲインの効果は?ロゲインの使い方を解説

女性用ロゲイン

女性の薄毛治療の数少ない選択肢のひとつ、女性用ロゲイン。
国内で販売のない発毛剤なだけに、試してみたいと気になっている方もいることでしょう。
ここでは女性用ロゲインの効果や使い方について紹介していきます。

目次

  1. 女性用ロゲインとは?
  2. 女性用ロゲインの効果
  3. 女性用ロゲインの使い方
  4. この症状が出た場合は使用をやめる
  5. 女性に見られるFAGA以外の脱毛症
  6. 女性用ロゲインはクリニックで処方がベスト

女性用ロゲインとは?

女性用ロゲインとは

女性用ロゲインとは、FAGA(女性型脱毛症)を治療するために開発されたミノキシジル配合の発毛剤です。
世界ではじめてアメリカで登場した発毛剤のロゲインの女性版であり、アメリカ製の一般医薬品となっています。
女性用ロゲインはアメリカ製であることから、日本とお薬のルールが少し異なります。
・女性用ロゲイン
ミノキシジル濃度 2%

・国内製(リアップリジェンヌ)
ミノキシジル濃度 1%

大きな差はないものの、国内製にくらべるとミノキシジルが少し高めの濃度で配合されています。
国内製のもので満足な効果を得られない方は、女性用ロゲインも検討してみると良いでしょう。

女性用ロゲインが合っている人

女性用ロゲインは壮年性脱毛症、いわゆるFAGA(女性型脱毛症)の方に適した製品になっています。

抜け毛が多い
全体的に薄毛が広がる
軟毛化

こうしたFAGAの典型的な症状がある場合に、発毛や育毛といった効果を発揮してくれます。
そのため円形脱毛症などの、その他の脱毛症には効果が期待できませんので注意してください。

FAGAとは

FAGA(女性型脱毛症)は、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れことで起こる脱毛症です。

女性ホルモン < 男性ホルモン

女性ホルモンの分泌量のピークは、20から30代前半。
それに伴って男性ホルモンの働きが優位になってしまい、FAGA特有の症状が進行していきます。
男性のAGAのように頭頂部や前頭部といった一部分が薄くなるといった症状はなく、"頭部全体"に広がるのが特徴です。
また症状の現れ方にも個人差がありますが、分け目からクリスマスツリーのように進行するのが有名な症状となっています。

女性用ロゲインの購入方法

女性用ロゲインの購入方法ですが、

クリニックでの処方
海外通販

国内では市販薬としては販売されていないことから、いずれかの方法で入手するしかありません。

ただ注意したいのが、「海外通販」での購入です。
ネット通販感覚で購入できるため、便利に感じる方も多いです。
しかし非常に危険な方法なので、海外通販での購入はまったくオススメできません。
お薬の海外通販には代表的な3つの危険があり、

偽物
詐欺
強い副作用

女性用ロゲインで大きな問題が発覚したという厚生労働省の発表はありませんが、お薬の種類によっては死亡例もあります。
そのため安全に入手できるクリニックで、医師から処方を受けるようにしてください。

女性用ロゲインの効果

女性用ロゲインの効果

女性用ロゲインには、3つの効果が期待できます。

発毛
育毛
抜け毛の進行予防

有効成分であるミノキシジルには、血管拡張作用があります。
頭皮への血流が良くすることで、弱った髪細胞にもエネルギーとなる栄養や酸素が十分に行き届くように。
その結果細胞が元気を取り戻し、次第に髪が生え揃うようになってきます。

数日で効果を得ることはでず、効果には個人差もありますが、少なくとも6ヶ月毎日の使用により効果が確認できるお薬となっています。

女性用ロゲインには保湿効果がある

女性用ロゲインには添加物として、プロピレングリコール(PG)と呼ばれる保湿成分が含まれています。
そのため保湿・湿潤・精菌の3つの作用が期待でき、頭皮の乾燥を防ぎ、常在菌のバランスを整えてくれます。

女性用ロゲインの使い方

女性用ロゲインの使い方

女性用ロゲインの効果はわかっても、誤った使い方では十分な効果を発揮してくれません。
ここからは使い方について、詳しく見ていきましょう。

塗布する前に

女性用ロゲインを使う前に、しっかりとプレケアすることが大切です。

ブラッシング
頭皮に蓄積した汚れを浮かせる

シャンプー
石油系ではなく、低刺激なアミノ酸系やベタイン系がオススメ

洗髪方法
一度シャンプー剤を手のひらで泡立て、泡でやさしく洗い上げる

朝にシャンプーする方もいると思いますが、やはり1日の汚れはその日に落とすに限ります。
また睡眠は、髪の成長とメンテナンスの重要な時間です。
夜は疲れてぐったりの方も、女性用ロゲインを使うのであれば夜に髪を洗うことがオススメです。

用量と塗り方

プレケア後は頭皮が清潔な状態のため、ミノキシジルも浸透しやすい状態です。
使用方法としては、次を目安にしてください。

1日2回(朝・晩)、1回1mlを毎日続ける

ミノキシジルの効果は約半日ため、理想的な使い方としては12時間おきとなっています。

また1カ所に集中的に塗布してしまうと、液剤が固まる原因にもなります。
気になる箇所を中心に1?2cm間隔で塗布していくと、ちょうど良い具合で1mlを使い切れるはずです。

さらに塗布後には、頭皮マッサージをしてあげましょう。
より血流を良くするだけでなく、顔のむくみや肩・首などのコリの解消にも◎

塗布後

女性用ロゲインの塗布後は、20~30分自然乾燥させましょう。
塗布後すぐにドライヤーをしてしまうと、浸透前に熱で成分が飛んでしまいます。

女性の朝はなにかと忙しいと思うので、特にヘアセットを行う方は時間に余裕をもって女性用ロゲインを塗布してください。

髪が濡れてしまう可能性があるときは注意

成分が浸透後も油断はできません。
頭皮の奥まで完全に浸透しきるまでには、約4時間かかります。
そのため突然の雨で濡れたり、海やプールといった水に入る場合には時間に気をつけてください。

妊娠中や授乳している場合は使えない

妊娠中や授乳中は、女性用ロゲインを使用することはできません。
妊娠している女性への安全性が確認されていないことにくわえ、ミノキシジルは母乳に移行することがわかっています。

この症状が出た場合は使用をやめる

女性用ロゲインを使用している際に、次のような症状が現れた場合にはすぐに医師に相談してください。

胸痛
頻脈
意識が遠のく
めまい

血圧の低下により現れやすい症状となり、そのまま使用してしまうと悪化することも考えられるので使用は中止してください。

女性に見られるFAGA以外の脱毛症

FAGA以外の脱毛症

女性の薄毛にはFAGA以外にも、さまざまあります。
ここからご紹介する脱毛症はいずれも女性用ロゲインでは効果が見込めないため、医師に相談するようにしてください。

びまん性脱毛症

全体的に脱毛症状が進行していくのが、びまん性脱毛症です。
FAGAとよく似ていますが原因はホルモンバランスだけでなく、加齢や髪への栄養不足、誤ったヘアケアなどさまざま。
症状だけではFAGAと見分けがつきにくいため、自己判断で女性用ロゲインで治療する前に一度医師に相談するのが良いでしょう。

円形脱毛症

ストレスが原因と思われている円形脱毛症ですが、実際は自己免疫疾患と考えられている脱毛症です。
自分で自分の毛根を攻撃してしまうことで10円ハゲができたり、頭皮の複数箇所に脱毛斑が現れることもあります。
また人によっては髪に限らず、眉毛やまつ毛、全身の体毛に現れることもあります。

脂漏性脱毛症

脂漏性皮膚炎という皮膚の病気の悪化により起こるのが、脂漏性脱毛症になります。
かゆみや炎症、脂っぽいフケが多い方は、この症状を疑った方が良いかもしれません。
症状が治れば薄毛も改善されますが、再発を繰り返すことが多いので注意です。

産後脱毛症

出産をきっかけに起こるのが、産後脱毛症です。
これは出産を機にホルモンバランスが崩れることで起こり、急に抜け毛量が増えることで驚かれる方もいます。
次第にホルバランスは整ってくるので自然に治ることがほとんどですが、あまりにも気になるようであれば医師にご相談ください。

女性用ロゲインはクリニックで処方がベスト

アメリカ製の女性用ロゲインはミノキシジルの濃度も高く、薄毛治療でより高い効果を得るためには必要になることもあります。
しかし女性ならではの注意点やFAGAに効果があるという点で、自己流での使用はさまざまなリスクを伴います。
決して個人輸入では入手せず、医師の診察を経てから処方してもらうようにしてください。