ミノキシジルとノコギリヤシを併用するとどんな効果がある?

ミノキシジルとノコギリヤシ

ノコギリヤシにはプロペシアと似た働きがあることから、ミノキシジルと併用すれば相乗効果も期待できます。
ここではノコギリヤシの基本情報にくわえ、なぜミノキシジルと相性が良いのかも解説していきます。

ノコギリヤシって何?

ノコギリヤシって何?

ノコギリヤシは、アメリカ南東部に自生しているヤシ科の植物です。
"ノコギリ"と付くように葉っぱの表面はギザギザしており、不用意に触ると皮膚を傷つけることもあるほど鋭くなっています。
ノコギリヤシは古くから男性の滋養強壮、利尿、鎮静効果などが期待できるとして、民間薬として親しまれてきました。
日本でもサプリメントとして販売されていることから、馴染みがある方もいるでしょう。
ちなみにヨーロッパでは、医薬品にも指定されています。

前立腺肥大の改善に使われていた

ノコギリヤシは前立前肥大の改善に使われていたことがあり、5αリダクターゼを阻害する働きを持っています。
前立腺が肥大する原因はAGAと同じDHTになるため、薄毛に悩む男性からは気軽にできる民間療法として人気が出つつあります。
またノコギリヤシの薬効成分を抽出し処理するとできるのが、AGA治療薬の「プロペシア(フィナステリド)」になります。
このことからも国内では、安価に購入できるノコギリヤシのサプリメントに注目が集まっています。

ノコギリヤシに含まれている成分

ノコギリヤシの果実には、脂肪酸が豊富です。
ここからはノコギリヤシに含まれる成分について、簡単にご紹介していきます。

β-シトステロール

"第7の栄養素"とも呼ばれる植物ステロールの1つである、β-シトステロール。
この成分に5αリダクターゼを阻害する働きがあり、ノコギリヤシのメインの成分といって良いでしょう。

オレイン酸

オレイン酸は、オリーブオイルやアーモンド、ピーナッツなどにも含まれている不飽和脂肪酸の一種です。
血管の健康を保つ働きがあるだけでなく、

コレステロール値を下げる
便秘解消

こうした働きも期待できると言われています。

ラウリン酸

飽和脂肪酸の1つであるラウリン酸は、牛・豚の脂や、バターなどにも含まれている成分です。

エネルギーをつくる
コレステロール値を下げる
脂肪の蓄積を抑える

こうした働きから、脂っぽい食事の多い方にもオススメの成分となっています。

ノコギリヤシの効果

ノコギリヤシの効果

ここからはAGAに対してのノコギリヤシの効果について、臨床データなども用いて詳しく解説していきます。
サプリメントで取り入れるなら、参考にしてみてください。

プロペシアの効果について確認する

AGAの改善

先ほども少しだけ触れましたが、ノコギリヤシにはプロペシアと似た働きがあります。
5αリダクターゼを阻害する働きがあると考えられ、AGAの原因が頭皮に増えるのを抑えることが期待できます。

テストステロン + 5αリダクターゼ = DHT

5αリダクターゼを阻害することでDHTの発生を抑えられ、頭皮からDHTが減ることでAGAの予防・改善につながります。

ミノキシジルとの併用で相乗効果

ノコギリヤシはプロペシアと似た働きを持つため、ミノキシジルとの相乗効果も期待されます。

ミノキシジルは発毛成分であり、次のような効果があります。

血管を拡張する髪細胞を活発にする
こうした作用により、新しい髪の成長を期待することができます。

一方でノコギリヤシの働きとしては、

AGAの原因を抑える
エネルギーをつくる

いくらミノキシジルに発毛効果があっても、AGAの進行をストップしなければ薄毛改善効果も半減します。
ただノコギリヤシを併用することでAGAの原因を抑えつつ、新しい髪の成長も期待することができます。

ノコギリヤシとフィナステリドで臨床試験が行われていた

似た作用があるノコギリヤシとプロペシア(フィナステリド)ですが、効果を比較する臨床試験が行われています。
軽度から中等度程度にAGAが進行している100人が参加し、24ヶ月に渡って効果を比較しています。

<ノコギリヤシ320mgを服用したグループ>
改善率:38%

<プロペシア1mgを服用したグループ>
改善率:68%

ノコギリヤシはプロペシアほどの改善率は見られなかったものの、副作用がほとんどないサプリメントとしては十分な結果だったと言えるでしょう。
薄毛の範囲が広がっているケースには適さないかもしれませんが、将来的に薄毛を防ぐための予防目的として取り入れるのはオススメです。

ノコギリヤシを服用するときの注意点

ノコギリヤシは自然由来のため、ほとんど副作用を起こすことはありません。
ただ人によっては、

・腹痛
・下痢
・便秘
・吐き気
・頭痛
・鼻炎

こうした胃腸症状を中心とした、軽い副作用が起きることが確認されています。
サプリだからといって用量や飲む回数を自己判断で増やしてしまうと、副作用のリスクが高まることがあります。
飲み方には十分注意して使用するようにしてください。
またお薬との相互作用についてははっきりしていないため、もし何か病気の治療でお薬が必要になって時は医師に使用している旨をお伝えください。

ノコギリヤシは市販で購入できる

国内ではノコギリヤシはサプリメントとして販売されていることから、お近くの薬局やドラッグストア、通販などでも購入することが可能です。
特に規制の対象にもなっていないことから、誰でも購入が可能となっています。

ミノキシジルも市販されている

ノコギリヤシと相乗効果が期待できるミノキシジルも「第1類医薬品」になることから、薬剤師の許可があれば市販薬として購入可能です。

ただAGAの進行程度によっては、市販の外用薬では効果が不十分なことも。
少なくとも効果を確認できるまでに6ヶ月かかることから、しっかり結果を出すためにはまずは医師に相談することをオススメします。

専門医に相談するメリット

ミノキシジルを市販で購入する前に医師に相談するメリットとして、

■AGAか診断してもらえる
根本的なことですが、ミノキシジルはAGA以外の脱毛症に効果はありません。
そのため薄毛は何が原因かをチェックしてもらえるメリットは大きいです。

■対応が充実
血液検査でお薬が服用できるかどうかの健康チェックや、万が一副作用が起きた際にも医療環境が整えっていることで対応も可能です。
AGAは長期間の治療になることから、医療設備が充実していると続けやすくなるはずです。

■アドバイス
問診表の内容やヒアリングを通じて、生活習慣の改善策などもアドバイスしてもらえます。
治療というとお薬ばかりに目がいきがちですが、インナーケアすることも薄毛改善にはとっても大切です。

専門医のいるクリニックにしかできないことがあるので、今の現状を把握するためにも
無料カウンセリングを利用して医師の診察を受けてみてください。

薄毛に悩んだら医師に相談

ノコギリヤシについて触れてきましたが、あくまでもサプリメント(栄養補助食品)であることは忘れてはいけません。
それゆえ医薬品のように「〇〇に効く!」と断言することはできません。
もし取り入れるのであれば、将来的に薄毛が不安と感じている方のヘアケアの一環としてはじめてみてください。
またAGAは一度進行すると、治療しなければ治ることはありません。
髪が気になりだしたら、まずは医師に相談してみてください。