フォリックスの副作用で起こる症状は?種類別に副作用を解説

フォリックスの副作用

フォリックスはミノキシジルを有効成分とするミノキシジル外用薬です。
全7種類からミノキシジルの含有量を2%~16%までを選べ、発毛効果や使いやすさなど個人にあった選択ができます。

有効成分はミノキシジルのため、フォリックスシリーズの主な副作用はほぼ同じです。
しかし、ミノキシジルの含有量やその他の有効成分を配合したフォリックスは副作用が増えているため、注意しなければなりません。

このページでは、フォリックスの主な副作用、種類ごとの副作用を解説していきます。

目次

  1. フォリックスはどんな副作用が出る?
  2. 副作用が現れたらまずはフォリックスの使用をやめる
  3. フォリックスの購入にも注意が必要
  4. フォリックスを購入する前に専門医に相談してみよう

フォリックスはどんな副作用が出る?

フォリックスシリーズは全7種類あり、種類によってはミノキシジル以外の有効成分も含んでいます。
その中には女性の使用が禁止されている成分を含んでいるシリーズなどもあり、配合されている成分によって副作用が異なります

ここからは、フォリックスシリーズの主な副作用と使用に注意が必要なフォリックスシリーズについて解説していきます。

フォリックスの主な副作用

フォリックスの主な副作用

フォリックスは頭皮に直接塗布するタイプのミノキシジル外用薬なので、主な副作用は皮膚症状となります。

  • かゆみ
  • かぶれ
  • フケ
  • 頭皮の熱感

など

外用薬は頭皮に直接塗布するため、身体への影響が少なく、塗った部分(頭皮)以外に作用することはほとんどありません。

しかし、ミノキシジルには血管拡張作用があり、稀に身体に影響してむくみや動悸といった症状があらわれることもあります。

ミノキシジル濃度が5%の場合の副作用の発生頻度は以下になります。

ミノキシジル濃度5%の場合

副作用全体として発生頻度は8%

また、副作用全体として発生頻度は8%(ミノキシジル濃度5%の場合)となります。

ミノキシジルの含有量が多くなるほど副作用が発生する可能性は高まりますが、5%までであれば個人使用にも適した外用薬と言えるでしょう。

種類によっては副作用も違う

種類によっては副作用も違う

フォリックスは、ミノキシジルの含有量を2%~16%までを選べるAGA治療のための外用薬です。

  • FR2
  • FR5
  • FR7
  • FR10(ビマトプロスト配合)
  • FR12(フィナステリド配合)
  • FR15
  • FR16(フィナステリド配合)

※FR"〇〇"の部分が、ミノキシジル濃度を表しています。

FR2〜7まではミノキシジルが主成分となっていますが、FR10~は「ビマトプロスト」や「フィナステリド」といった医薬品成分を配合しているフォリックスもあります。

医薬品成分を配合しているフォリックスは、使用上の注意点や副作用も追加されているため、使用にはあらかじめ目を通しましょう。

フォリックスFR10の副作用

フォリックスFR10の副作用

フォリックスFR10には、ミノキシジルだけでなくビマトプロストと呼ばれる有効成分が配合されています。
ビマトプロストは、緑内障の治療薬やまつ毛育毛剤に配合されている毛の成長が期待できる成分です。

しかし、ビマトプロストでわかっているのは目やまつ毛に使用した場合のみの副作用であり、頭皮へ使用した場合の副作用などはわかっていません
そのため、FR10の使用に関しては、慎重に検討しましょう。

FR10の副作用

  • 皮膚(頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感、皮膚色素過剰、皮膚変色など)
  • 精神神経系(頭痛、気が遠くなる、めまい)
  • 循環器(胸の痛み、心拍が速くなる)
  • 代謝系(原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ)

フォリックスFR12とFR16の副作用

フォリックスFR12とFR16の副作用

フォリックスFR12・16には、AGAの進行の抑制が期待できる「フィナステリド」を配合しています。
そのため、ミノキシジルの副作用に加えて、以下の副作用が起こる可能性があります。

  • ED(勃起不全)
  • 性欲の減退
  • 射精障害

有効成分をフィナステリドとする内服薬の場合、性機能に関する副作用は全体で1.5%(2/137例)との報告があります。

外用薬では頭皮に塗布することから身体への影響は少ないため、性機能に関する副作用は内服薬より低くなると考えられます。

プロペシアの副作用を確認

女性はフィナステリドが配合されているフォリックスに注意

フォリックスFR12・16に含まれるフィナステリドは、女性に対する適応はないと報告されています。

女性に対する適応はない。海外では閉経後の女性を対象として12ヶ月の臨床試験が実施されていますが、女性の薄毛への有効性は認められなかった。

また、妊娠中、妊娠の可能性、授乳中の女性がフィナステリドを使用すると、胎児や子供の正常な発育に影響を及ぼす可能性があるため、投与はできません

その他、女性はフォリックスシリーズ唯一の男女兼用であるフォリックスFR02以外を使用すると、副作用が出やすくなってしまうので注意しましょう。

プロペシアが女性に効果がない理由とは?

初期脱毛で諦めてしまう人が多い

初期脱毛

初期脱毛はミノキシジルの効果により、新たな髪の成長にともなって古い髪が押し出されることで一時的に抜け毛が増える現象です。

ただし、誤解してはいけないのが、初期脱毛は副作用ではありません。
発毛を知らせるサインであり、AGA治療では良い傾向と言えます。

また、フォリックスを使用したすべての人に初期脱毛が起こるわけではありません。
古い髪(休止期)が抜けるため、抜け毛の量については休止期にある髪の量によります。
そのため、初期脱毛がほとんど気にならないという方もいます。

副作用があらわれたらまずはフォリックスの使用をやめる

副作用があらわれたら

フォリックスを使用して副作用があらわれた場合は、フォリックスの使用を中止して医師に相談しましょう。

成分や添加物にアレルギーを起こしている場合もあり、使い続けることでAGAや副作用が悪化する可能性もあります。

継続してAGA治療を続けるために、副作用が出た場合は軽度であったとしても皮膚科やAGAクリニックの医師に相談するようにしましょう。

フォリックスの購入にも注意が必要

フォリックスの購入

フォリックスが購入できるのは、海外通販(個人輸入)に限られています。
国内の実店舗や通販で購入できるものではないので、輸入にはそれなりのリスクが伴います。

ここからはフォリックスを海外通販で購入するリスクについて、いくつかご紹介していきます。

悪質な業者も存在している

個人輸入では、商品代金を先払いする必要があります。
悪徳な業者を利用してしまった場合、お金だけ払って、肝心のフォリックスは届かないという可能性もあります。
購入先が海外になるだけに、ダミー会社を用意してお金を騙し取る悪質な業者悪質な業者は実際に存在します。

海外通販を利用する場合は、商品が届かない場合もあるということを覚えておきましょう。

偽物による健康被害

海外通販では、商品が届かないだけでなく、偽物が届く可能性もあります。
偽物だった場合、素人では判断が困難なことや使用しても偽物と分からず使い続ける可能性もあります。

もし偽物であった場合は、以下のリスクがあります。

  • 効果がない
  • 想定外の副作用が起きる

すべてが自己責任

個人輸入のルールとしてまず知るべきは、すべてが自己責任になることです。
これは詐欺被害や偽物であったケースだけでなく、輸送上のトラブルも含みます。
通関で差し押さえられた場合も自身で対応しないといけないケースもあります。

また他にも、以下のようなルールがあります。

  • 購入した商品は購入者のみが使用する
  • 他人に譲渡・販売してはいけない
  • 購入制限がある

など

フォリックスを購入する前に専門医に相談してみよう

専門医に相談

フォリックスはミノキシジルの含有量を2%~16%まで選択できるミノキシジル外用薬です。
個人に合った種類を選択できますが、高濃度になるにつれて作用が強くなり、有効成分などが追加されているため、副作用のリスクは高まってしまいます。

また、フォリックスを購入するには海外通販を利用しなければならず、高いリスクを伴います。
そのため、AGA治療を行う際は専門クリニックがオススメです。

クリニックによっては独自にミノキシジルの高濃度処方を行っているところもあり、医師の指導のもと安全に高濃度のミノキシジルを使用した治療を行ってくれます。