ミノキシジルタブレットで女性の薄毛は改善する?効果と注意点を紹介

ミノタブで女性の薄毛改善

ミノキシジルタブレット(通称:ミノタブ)は、男女問わず発毛効果が期待できる治療薬です。

ミノキシジルと聞くと「リアップ」などの外用薬を連想する方が多いことでしょう。
ミノキシジルタブレットは内服薬で、外用薬よりも優れた効果を発揮しますが、その分、副作用のリスクも高くなります。

ここでは、女性がミノキシジルタブレットを使用する場合の効果や注意点などを詳しく紹介していきます。

目次

  1. ミノキシジルタブレットは女性でも発毛効果に期待ができる
  2. ミノキシジルタブレットの服用方法
  3. ミノキシジルタブレットを女性が使用する際の注意点
  4. ミノキシジル外用薬は女性でも使用できる?
  5. ミノキシジルタブレットの個人輸入は危険!通販で買うのは要注意!
  6. ミノキシジルタブレットを使用する場合は必ず医師に相談を

ミノキシジルタブレットは女性でも発毛効果に期待ができる

繰り返しとなりますが、ミノキシジルタブレットは男性だけではなく女性でも発毛効果が期待できる治療薬です。

まずは、ミノキシジルタブレットの効果を詳しく確認していきましょう。

ミノキシジルタブレットの効果を確認

ミノキシジルタブレットは以下の3つの作用で発毛を促します。

  • 血管を拡張して血流を改善
  • 成長因子の分泌を促す
  • 毛母細胞の死滅(アポトーシス)を抑制

ミノキシジルタブレットは元々、降圧剤として開発された成分のため、血管を拡張する作用があります。
この作用により、頭皮の血流がよくなることで髪の成長を促す「毛乳頭」や「毛母細胞」により多くの栄養が届くようになります。
また、育毛・発毛に効果的な「IGF-1」「VEGF」という成長因子(細胞の分化や増殖を促すタンパク質)の産生を促進させる働きもあります。

その結果、「毛乳頭」や「毛母細胞」が活性化することで発毛を促すのです。

さらに、髪の生成に重要な毛母細胞の死滅(アポトーシス)を防ぐ働きにより脱毛抑制する効果が期待できます。

どれくらいで効果を実感できる?

ミノキシジルタブレットは、早い人で3ヶ月、通常6ヶ月程度で効果を実感できます。
効果を得るタイミングは個人差がありますが、即効性はないことを理解しておかなくてはいけません。

また、効果を得るために最も重要なのは毎日忘れずに継続して服用することです。

パントガールとの併用で効果が高まる

パントガール

ミノキシジルタブレットとパントガールを併用することで相乗効果が生まれ、薄毛の改善効果が高まります。
なぜなら、パントガールには頭皮環境を整える作用があるからです。

このパントガールについて次項で詳しく確認してみましょう。

パントガールとは?

パントガールとは、世界で初めて効果と安全性が認められた女性用の薄毛治療薬です。

女性の薄毛(びまん性脱毛症・分娩後脱毛症)や抜け毛の改善、発毛促進、白髪予防などの効果が期待できます。
臨床試験では、3ヵ月間の使用で70%の方が抜け毛の減少を実感、20%の方は抜け毛がほとんど無い状態にまで改善するという結果が確認されています。

さらに、爪の美容効果もあるため、爪がもろい、割れるなどの方にもオススメです。

ミノキシジルタブレットの服用方法

ミノタブの服用方法

ミノキシジルタブレットの服用方法は、1日1回決まった時間に1錠を水またはぬるま湯で服用します。

服用量に関しては、2.5mgを処方するクリニックが一般的です。
ただし、副作用のリスクなどもあることから、服用量は医師と相談の上、決めることをオススメします。
2.5mgをさらにカットして少量から使用するのも1つの方法といえるでしょう。

なお、体内の成分を一定に保つために毎日同じ時間に服用することが大切です。
食事の影響は受けないことから都合のいいタイミングで服用できますが、夜にお酒を飲む方は朝・昼の服用が良いでしょう。

女性は0.25mgでも効果がある?

ミノキシジルタブレットは、女性の場合、0.25mgでも効果が得られるという医師もいます。

ミノキシジルタブレットは副作用が比較的起こりやすい治療薬です。
男性に比べると女性の方が薬の影響を受けやすいことから低用量から服用を開始することをオススメします。

なお、服用量に関しては個人差もあるため独自の判断で決めるのではなく、医師と相談しながら適切な服用量を決めるようにしましょう

ミノキシジルタブレットを女性が使用する際の注意点

ミノタブの注意点

ミノキシジルタブレットを女性が使用する際の注意点は以下の通りです。

  • 妊活中や妊娠中、授乳中は使用できない
  • 副作用のリスク
  • 初期脱毛で服用を中止しない
  • 事前に薄毛の原因を把握してから使用する

それでは、詳しく確認していきましょう。

妊活中や妊娠中、授乳中は使用できない

妊娠中の女性がミノキシジルタブレットを使うことで、胎児の心臓へ強い負担がかかってしまう可能性があります。
そのため、いつ妊娠してもおかしくない妊活中からミノキシジルタブレットの使用は控えなくてはいけません。

さらに、出産後に使用する場合も、母乳へミノキシジルの成分が移行してしまう可能性があるため、授乳中の使用も控える必要があります。

副作用のリスク

ミノキシジルタブレットは比較的副作用が起こりやすい治療薬です。
そのため、副作用のリスクを理解した上で使用するようにしましょう。

主な副作用は以下の通りです。

  • 頭痛
  • めまい、ふらつき
  • 血圧低下、心不全
  • 赤ら顔、皮膚の潮紅
  • 動悸、息切れ、呼吸困難
  • 手足のむくみ、体重増加
  • 肝機能障害
  • 全身の多毛症(毛が濃くなる)

など

ミノキシジルタブレットは、血管を拡張し血流を改善する作用があることから循環器系の副作用が多いのが特徴です。
なお、全身に発毛成分が巡ることから、頭部以外の全身の体毛が濃くなる多毛症が起こる可能性があります。

初期脱毛で服用を中止しない

ミノキシジルタブレットの服用開始後10日~1ヶ月程度で、抜け毛が多くなる「初期脱毛」が起こる可能性があります。

初期脱毛とは、ミノキシジルの効果があらわれて、成長が止まった髪が抜け落ち、新たな髪が生えてくるために起こる脱毛です。
一般的には1~2ヶ月程度で抜け毛は落ち着きますが、個人差があるため3ヶ月程度続く場合もあります。

抜け毛が増えると不安を感じるかもしれませんが、効果があらわれはじめたサインなため、ここで服用を中止してはいけません。
なぜなら、服用を中止することで本来得られるはずだった効果が得られないままになってしまうからです。
そのため、初期脱毛が起きて抜け毛が気になる場合や不安な場合は、服用を中止するのではなく、医師に相談をするようにしましょう。

事前に薄毛の原因を把握してから使用する

ミノキシジルタブレットを使用する前に薄毛の原因を把握することが大切です。
なぜなら、有効成分であるミノキシジルは、壮年性脱毛症以外の脱毛症には満足な効果が得られない場合があるからです。

例えば、産後脱毛や過度なダイエットでホルモンバランスが崩れてしまうことで起こる脱毛や、甲状腺疾患を原因とする脱毛には効果を発揮しません。

そのため、自分の脱毛の原因を知るためにも、使用前に必ず事前に医師に相談をするようにしましょう。

ミノキシジル外用薬は女性でも使用できる?

外用薬は女性も使用できる

頭皮に直接塗布するミノキシジル外用薬も販売されていますが、こちらも女性が使用できる治療薬です。

ただし、女性が使う場合は女性向けに製造されたタイプのものを選ぶことが重要字です。
くれぐれも男性用のミノキシジル外用薬は使用しないように注意しましょう。

ミノキシジルタブレットと外用薬はどちらがいい?

ミノキシジルタブレットと外用薬のどちらも発毛効果が期待できます。

効果の面で比較すると、体の内側から成分を吸収できるミノキシジルタブレットの方が効果は高いといわれています。
ただし、効果が高い分、副作用のリスクも高まるため、症状や健康状態に合わせて選ぶことが重要といえるでしょう。

副作用が不安な場合はミノキシジル外用薬がオススメ

ミノキシジルタブレットの副作用が不安な場合は、外用薬の使用がオススメです。
なぜなら、外用薬の場合、塗布した箇所のかゆみや発疹など軽度から中等度の副作用がほとんどだからです。

ただし、外用薬にすれば副作用が全く起こらないというわけではありません。
医薬品である以上、副作用が起こる可能性はあることを理解しておきましょう。

なお、女性用のミノキシジル外用薬としてリアップリジェンヌが広く知られています。

ミノキシジルタブレットの個人輸入は危険!通販で買うのは要注意!

ミノタブの個人輸入は危険

ミノキシジルタブレットは、クリニックで処方してもらうのが一般的です。
ただし、海外からミノキシジルタブレットを取り寄せる個人輸入でも購入できます。

現在は個人輸入の手続きを代行する個人輸入代行サイトがあるため、個人輸入は身近なものとなっています。
しかし、個人輸入での購入はリスクが非常に高いことを理解しておきましょう。

ここでは、個人輸入のリスクの1部を解説していきます。

全てが自己責任

個人輸入で購入したミノキシジルタブレットを使用して万が一、重篤な副作用を起こした場合、全て自己責任となります。

例えば、届いた治療薬が粗悪品だった場合、健康被害が生じる可能性がありますが、それも自己責任です。
さらに使用方法に関しても全て自己判断となるため、副作用のリスクはクリニック処方に比べて高いといえるでしょう。

悪質サイトの存在

個人輸入代行サイトの中には悪質サイトが存在します。
そのため、偽物や粗悪品が届く可能性は否定できません。

さらに、お金だけをだまし取る詐欺行為を行うサイトも存在します。

繰り返しとなりますが、偽物や粗悪品を使用した場合、健康被害が生じる可能性があります。
そのことだけを考えても、リスクが非常に高いといえるのではないでしょうか?

ミノキシジルタブレットを使用する場合は必ず医師に相談を

ミノタブを使用する場合は医師に相談

ミノキシジルタブレットを使用する場合は必ず医師に相談をしましょう。
なぜなら、副作用のリスクを最小限に抑え、安全に使用するためには適切な診断が必要となるからです。

また、何か異変を感じたさいにもすぐに医師に相談できるといったメリットも生まれます。

安全に薄毛を改善するには、やはり専門医の指導が必要となることを理解しておく必要があるといえるでしょう。