プロペシアはM字ハゲとつむじハゲのどちらに効果がある?

プロペシアはM字ハゲとつむじハゲのどちらに効果がある?

AGA治療薬の代表格、「プロペシア」。

実はプロペシアは、
つむじハゲには効果的」「M字ハゲには効果が出にくい」といわれています。
なぜ部位によって違ってくるのでしょうか?
このページでは、その理由やプロペシアの基本的な効果、ハゲを悪化させないための対処法などについて解説します。

目次

  1. プロペシアの効果
  2. プロペシアが有効な部位
  3. M字ハゲとつむじハゲが悪化する原因と対処法
  4. プロペシアを効果的に使うならまずは医師に相談

プロペシアの効果

プロペシアの効果

プロペシアの効果は、抜け毛を抑えて AGA(男性型脱毛症)の進行を食い止めることです。
具体的にいうと、下記のような効果と特徴があります。
・AGAの原因になる男性ホルモンを抑える
・男性ホルモンを抑えることでAGAの進行を抑制する
・AGA治療でプロペシアの推奨度が「A」
ひとつずつ解説していきます。

男性ホルモンを抑える

プロペシアの有効成分「フィナステリド」には、男性ホルモンの一種を抑える効果があります。
その男性ホルモンは「ジヒドロテストステロン」といい、AGA(男性型脱毛症)の主な原因となっています。
ジヒドロテストステロンは元々、「テストステロン」という男性ホルモンです。
テストロンは元々筋肉を増やしたりヒゲや体毛を生やしたりするホルモンであり、単体では薄毛に影響はありません。
しかし身体にある「5-αリダクターゼ」という酵素と結びつくことによってジヒドロテストステロンに変化し薄毛を進行させるのです。

プロペシアは、この5-αリダクターゼの働きを抑え、AGAの原因になるジヒドロテストステロンを生み出さないようにする効果があります。

フィナステリドの作用についてはコチラ

AGAの進行を抑制する

髪の毛は生えてきてから成長し、自然に抜け落ちるまでのサイクルがあり、これを「ヘアサイクル」といいます。
ヘアサイクルの流れは下記の通りです。

成長期:髪の毛が成長している段階

退行期:髪の毛が成長しづらくなる段階

休止期:髪の毛の成長が完全に止まる段階

ヘアサイクルの「成長期」は通常2年~6年ほどですが、ジヒドロテストステロンはその成長期を短くし、まだ太く長く成長していない髪の毛まで抜いてしまうのです。
プロペシアはそのジヒドロテストステロンを抑え、ヘアサイクルの乱れを正常に戻すことで、AGAの進行を抑制する効果があります。

プロペシアはAGA治療の推奨度がA

プロペシアの成分フィナステリドは、日本皮膚科学会が提示している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」の中で、推奨度「A」とされています。

このガイドラインでは各治療法の推奨度をA・B・C1・C2・Dの5段階で示しています。
もちろん「A」が最高評価です。
このことからわかるように、プロペシアでの薄毛改善効果には医学的根拠があるのです。

プロペシアが有効な部位

プロペシアが有効な部位

AGAによる薄毛進行を抑えてくれるプロペシアですが、つむじハゲ改善効果は期待できる一方、M字ハゲには効果が表れにくいとされています。

つむじハゲに対するプロペシアの効果

プロペシアはAGAの原因になる因子、5αリダクターゼの働きを抑える効果があるとお話ししましたが、5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型というものがあります。
Ⅰ型はほぼ全身にありますが特に頭の横から後ろの部分に多く、Ⅱ型は生え際やつむじ周辺に多く存在し、その部分の薄毛を進行させます。
プロペシアはⅡ型の5αリダクターゼにのみ効果を発揮する薬です。
そのためⅡ型が原因で起こるつむじ周辺の薄毛改善に効果が期待できるのです。

プロペシアはM字ハゲには効きにくい

M字ハゲもつむじハゲと同じくⅡ型の5αリダクターゼが関係していますが、プロペシアでは改善しにくいといわれています。
プロペシアの主な効果は抜け毛を抑えてAGAの進行を食い止めることで、初期ほど効果が期待できます。
すでにAGAが進行した状態から使い始めると、それ以上の薄毛を抑えることはできても、プロペシアだけでフサフサの状態することは難しいのです。
特にM字ハゲは、一度生え際が後退してしまうと、プロペシアで戻すのは難しくなります。

M字ハゲを治すならミノキシジル

プロペシアは抜け毛を防いでAGA進行を食い止める薬ですが、新しく髪の毛を生やす、発毛効果がある薬があります。
それが「ミノキシジル」です。

ミノキシジルには外用薬(塗り薬)と内服薬(飲み薬)があり、内服薬は特に発毛効果が期待できます。
ミノキシジルであれば、プロペシアだけでは治療が難しいM字ハゲの改善効果も期待できるため、M字ハゲが進行している場合はミノキシジルの使用をおすすめします。

ミノキシジルの効果についてはこちら

プロペシアとミノキシジルの併用はM字ハゲ・つむじハゲ両方に効果的

プロペシアは抜け毛を防ぐ「守り」の薬、ミノキシジルは髪の毛を生やす「攻め」の薬です。
この2つの薬は、一緒に使うことが可能です。
むしろ併用により、抜け毛を防いで髪の毛を生やす、最強の効果が期待できます。
M字ハゲとつむじハゲ、どちらにも効果が期待できるので、着実に薄毛改善していきたい方は、プロペシアとミノキシジルの併用をおすすめします。

プロペシアの飲み方について詳しくはコチラ

M字ハゲとつむじハゲが悪化する原因と対処法

 M字ハゲとつむじハゲが悪化する原因と対処法

M字ハゲやつむじハゲなどのAGAは遺伝的要因の他に、頭皮環境や生活習慣が原因で進行することもあります。
心当たりがあれば、見直す必要があるかもしれません。

頭皮環境が悪い

頭皮環境が悪いと、髪の毛の成長に必要な栄養がいきわたりにくくなり、M字ハゲやつむじハゲが進行する要因になる可能性があります。

・カラーリングやパーマのやりすぎ
・ワックスなどスタイリング剤をつけたのに落とさないまま寝る
・洗浄力がありすぎるシャンプーを使う

このようなことで、頭皮環境を悪化させているかもしれません。

・ヘアカラーやパーマはやりすぎないよう、間隔を空ける
・寝る前に必ずシャンプーする。特にたくさん汗をかいたのにシャンプーせずに寝る、スタイリング剤をつけたまま寝るなどはNG
・AGA用シャンプーを使う

このように、日常的にケアしていくことが重要です。

ストレスをため込む

M字ハゲやつむじハゲ改善には、ストレスも大敵です。
AGAは男性ホルモンの一種、ジヒドロテストステロンが原因だとご説明しましたが、ストレスにより自律神経のバランスが不安定になると、ホルモンバランスも乱れます。
それが原因で皮脂が増え頭皮環境が悪化してしまうのです。

また、ストレスは血管を収縮させる原因になります。
血管が収縮し結構が悪くなると、髪の毛を成長させるために必要な栄養が頭皮に届きにくくなり、薄毛を進行させてしまう可能性があるのです。

軽い運動をしてストレス解消

ストレス解消方法のひとつとして、軽い運動で汗をかくことがおすすめです。
身体を適度に動かすことでストレスを発散できますし、運動により血液の循環がよくなれば、薄毛改善にもつながります。
汗をかいて代謝をよくするのも良いでしょう。

ただし、運動した後は必ずシャンプーしてしっかり乾かし、頭皮を清潔に保つことを心がけてください。

偏った食生活

外食などで偏った食生活を送っていると、髪の毛に必要な栄養素を摂りにくいので、M字ハゲやつむじハゲを進行させる一因になる可能性があります。
ファストフード、インスタント食品、カフェインやお酒の量が多い方は、健康だけでなく髪の毛にも影響が出てくるかもしれません。

髪の毛を太く長く健康な状態に成長させるためには、食事で十分な栄養を摂ることが必要です。

プロペシアを服用する上で食生活についてはコチラ

髪の成長に必要な栄養素

健康のためにはバランスの良い食生活が重要ですが、髪の毛にとくによいとされる栄養素も知っておくとよいでしょう。
髪の毛によいとされる栄養素は

・アミノ酸
・亜鉛などミネラル
・ビタミン類

などです。
食生活の改善が難しいようであれば、サプリメントで補うなどして、積極的に栄養をつけていきましょう。

喫煙

タバコは百害あって一利なしといいますが、当然髪の毛にもよくありません。
ストレスで血管が収縮するのが髪の毛によくないとお話ししましたが、タバコに含まれるニコチンやタールも、血管を収縮させ、血流を悪くさせます。
また、タバコを吸うと大量にビタミンCが消費されるなど、栄養不足になりやすくなってしまうのです。
血流が悪くなり、栄養不足になれば、髪の毛に必要な栄養が頭皮に届きにくくなるのも当然といえるでしょう。
薄毛改善のことを考えれば禁煙がベストですが、禁煙のストレスにも要注意です。
無理しすぎず、場合によっては医師に相談しながら少しずつ本数を減らすなど、できることから始めてみることをおすすめします。

プロペシアを効果的に使うならまずは医師に相談

プロペシアの効果、薄毛を悪化させないための注意点などについてお話ししました。
効果が出にくいM字ハゲにはプロペシア単体での治療は難しいですが、ミノキシジルの併用など飲み方によっては改善できる可能性があります。
プロペシアやミノキシジルなど、AGA治療薬をどのように使っていくのが一番自分に合っているかは、医師に診てもらうのが一番です。
まずは一度、相談してみてはいかがでしょうか。