プロペシアとミノキシジルの併用で相乗効果を得られるって本当?

ピースサインをする医師の画像

AGA治療において、高い効果が期待できる『プロペシア』と『ミノキシジル』。
この2つのAGA治療薬を併用することで、互いの成分が相乗効果を発揮するため、より高いAGA改善効果に期待ができます。

このページでは、異なる2種類の薬を併用することで、どういう効果を実感できるのか?
また、副作用のリスクはどんなものなのか?などを詳しく解説していきます。

目次

  1. プロペシアとミノキシジルの併用でAGAの改善効果が高まる理由
  2. ミノキシジルは外用薬と内服薬がある
  3. プロペシアとミノキシジルの併用の副作用について
  4. プロペシアとミノキシジルの併用は定番のAGA治療

プロペシアとミノキシジルの併用でAGAの改善効果が高まる理由

手を合わせる画像

プロペシアとミノキシジルを併用することで、なぜAGAの改善効果が高まるのでしょうか?
それは、役割がそれぞれ異なるため、お互いのメリットを活かすことができるからです。

大きく分けると、プロペシアは『抜け毛を抑制』、ミノキシジルは『発毛(育毛)』です。

では、それぞれの薬について、さらに詳しく解説していきますので、どういう効果があるのかを見てみましょう。

プロペシアは脱毛抑止

プロペシアの効果は、髪の毛の成長サイクルを正常に戻すことで抜け毛を予防します。

そもそも、AGAの原因となるのは「 DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンです。
DHTは体内に必ず存在する男性ホルモン「テストステロン」と「 5αリダクターゼ」という酵素と結合することで生成されます。
このDHTが毛乳頭細胞内にある受容体にキャッチされてしまうことで、抜け毛の原因となる脱毛因子(男性ホルモンレセプター)が増加し、薄毛が進行します。

プロペシアはDHTの生成に欠かせない 5αリダクターゼの働きを阻害することで、毛髪の成長を促し、抜け毛を予防するのです。

プロペシアの効果を詳しく確認する

ミノキシジルは発毛促進

『脱毛抑制効果』のあるプロペシアに対し、ミノキシジルは『発毛促進効果』のある成分です。

もともとミノキシジルは、高血圧治療に用いられていた薬ですが、副作用で毛が生えることでAGA治療にも使われるようになりました。
ミノキシジルは、毛細血管を拡張することで血流を改善する効果があります。
また、毛乳頭細胞に働きかけることで、毛乳頭細胞そのものを増殖させるだけでなく、毛母細胞を刺激する物質の生成を促し、発毛を促進します。

脱毛抑止+発毛促進でAGAを効果的に改善

プロペシアとミノキシジルは以下の通り、異なる作用をもつ治療薬です。

  • プロペシア  → 脱毛抑止効果
  • ミノキシジル → 発毛効果

プロペシアとミノキシジルは、成分や効果が異なるため、それぞれの作用を考えれば併用には問題ありません。
むしろ、AGA治療においては、プロペシアとミノキシジルは『併用が推奨』されています。

今までプロペシアやミノキシジル単体で効果を実感できなかった方は、ぜひ1度併用を試してみてはいかがでしょうか?

ミノキシジルは外用薬と内服薬がある

ポイントの画像

ミノキシジルは頭皮に直接塗布する『外用薬』と直接体内に取り入れる『内服薬』があり、どちらもプロペシアとの併用は可能です。

ここでは、ミノキシジル外用薬と内服薬について詳しく解説していきます。

ミノキシジル外用薬

ミノキシジル外用薬として1番有名なのは『リアップ』ではないでしょうか。
なんといっても、日本皮膚科学会の脱毛症診療ガイドラインでも「推奨度A(行うよう強く勧める)」とされています。

内服薬と比較すると、局所的に作用するため効果はマイルドですが、その分、副作用が軽いのが特徴です。
なお、ミノキシジル外用薬は第一医薬品に分類されるため、薬剤師のいるドラッグストアや薬局で購入できます。
また、amazonや楽天といった通販サイトでも購入できるため、AGA治療薬の中では最も身近な存在といえるでしょう。

プロペシアとリアップの併用について詳しく確認する

ミノキシジル内服薬

ミノキシジルの内服薬は通称「ミノタブ(ミノキシジルタブレット)」と呼ばれ、もともとは降圧剤として開発された治療薬です。
その際、副作用として多毛や発毛などの症状が発症することが判明し、改めて脱毛症の治療効果の研究と開発が進められました。
日本では未承認ですが、高い発毛効果を発揮することから、ミノキシジル内服薬を処方しているクリニックは多くあります。

頭皮に直接塗布する外用薬に比べ、内服薬は体の内側から成分を浸透できます。
体に吸収される成分量が多くなるため、外用薬に比べて効果が発揮されやすいのが特徴です。
ただし、効果が高い分、副作用が起こる頻度が高くなるため、使用する場合はクリニックで処方してもらい、医師と相談しながら治療を行いましょう。

なお、個人輸入でもミノキシジル内服薬を購入できますが、偽物などの可能性があるため推奨できません。

プロペシアとミノキシジルの併用の副作用について

お腹を抱える人

ここでは、プロペシアとミノキシジルを併用する際の副作用を紹介していきます。
併用することで、それぞれの治療薬の副作用が起こる可能性があります。

まずは、プロペシアの副作用から確認していきましょう。

プロペシアの副作用

プロペシアの主な副作用と発現率は以下の通りです。

  • 性欲減退(1.1%)
  • ED(勃起機能不全)(0.7%)

プロペシアの副作用として男性機能障害があることは広く知られています。
ただし、発現率は高くないため過敏になる必要はありませんが、服用後に気になる症状が起きた場合はすぐに医師に相談しましょう。

なお、非常に稀なケースですが、重篤な副作用として肝機能障害(0.2%)起こる可能性があります。
そのため、肝臓に持病がある場合は、服用前に必ず医師に相談しましょう。

ミノキシジル外用薬の副作用

ミノキシジル外用薬の主な副作用は以下の通りです。

  • 皮膚:頭皮の発疹や発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感など
  • 精神神経系:頭痛、気が遠くなる、めまい
  • 循環器:胸の痛み、心拍が速くなる
  • 代謝系:原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ

主な副作用は接触性皮膚炎などの皮膚症状で、塗布した頭皮にあらわれるかゆみやかぶれ、発疹などが比較的多い症状といえます。
副作用としてあらわれる症状の程度としては軽度から中度であり、重篤な症状があらわれるといったことは基本的にはありません。

ただし、使用中に何か異変を感じた際はすぐに医師に相談しましょう。

ミノキシジル内服薬の副作用

ミノキシジルタブレットの主な副作用は以下の通りです。

  • 頭痛
  • めまい、ふらつき
  • 血圧低下、心不全
  • 赤ら顔、皮膚の潮紅
  • 動悸、息切れ、呼吸困難
  • 手足のむくみ、体重増加
  • 肝機能障害
  • ED(勃起不全)、性欲減退
  • 全身の多毛症(毛が濃くなる)

など

血管拡張作用があるため、循環器系(心臓・血管・肺など)の副作用が多いのが特徴です。
循環器系に何か異常がある場合はもちろんですが、副作用のリスクを抑えるためにも使用前に必ず医師に相談しましょう。

プロペシアとミノキシジルの併用は定番のAGA治療

遠隔治療の画像

プロペシアとミノキシジルの併用は多くの方が取り入れている定番のAGA治療法です。
2つの治療薬を併用することで相乗効果が生まれるため、効率よくAGAを改善することが期待できます。

ただし、医薬品である以上、副作用のリスクを理解しておきましょう。
副作用のリスクを抑えるためにも、それぞれの治療薬が自分に適しているか知る必要があります。

そのため、独自の判断で併用をするのではなく、医師に相談しながら治療を行うことが重要です。