プロペシアで若ハゲは改善できます。フィナステリドで早期対策を行いましょう。

プロペシアで若ハゲは改善できます。フィナステリドで早期対策を行いましょう。

若ハゲの症状として、髪の毛が細くなった、コシが無くなった、抜け毛が増えたなどの症状があります。

若ハゲの症状はAGAの初期症状とも言われ、早期に治療を行わないとM字ハゲや頭頂部の薄毛に繋がってしまいます

若ハゲの治療薬としては、AGA治療に使用されているプロペシアが有効的です。

プロペシアは薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を抑制することで、薄毛の進行を抑えます。

このページでは、プロペシアを使用した若ハゲの改善方法や効率的な治療方法を紹介しています。

そもそも若ハゲって何歳まで?

そもそも若ハゲって何歳まで?

そもそも若ハゲって何歳までなのでしょうか。とあるアンケートで200人に「若ハゲだと思う年代を教えてください」という調査をしたところ、最も多いのは「20代後半」、続いて「30代前半」、その次は、「20代前半」でした。

まとめると以下のようになります。

1.20代後半
2.30代前半
3.20代前半

上記のような年代でAGAになると若ハゲとみられるようです。また、加齢による薄毛は年を重ねるごとに顕著になってくることを覚えておきましょう。

未成年の男性はプロペシアが服用できない

未成年でも若ハゲに悩んでいる方は多くいます。
しかし、プロペシアは未成年には使用できません。

プロペシアには、酵素5αリダクターゼの働きを抑制する効果があり、これによってジヒドロテストステロンの生成を阻害しています。

ジヒドロテストステロンの生成を阻害することによって、青春真っ只中の男性ならではの成長に悪影響を与えてしまう可能性が大いにあります。

そのため、未成年の男性がAGAなどの薄毛を発症した場合には、プロペシアを使用しない治療方法で対処することになります。

プロペシアが未成年に与える影響とは?

若ハゲに多い症状

若ハゲに多い症状

AGAの初期症状とも言われる、若ハゲにはどのような症状があるのでしょうか。確認していきましょう。

  • 抜け毛の量が増えた
  • 髪質が柔らかくなった
  • 髪の毛のハリがなくなった

上記の症状について詳しく説明します。

抜け毛の量が増えた

抜け毛の増加は、若ハゲの症状として分かりやすい項目の一つです。
髪の毛には寿命があり、ある程度成長すると自然に抜け落ちることが正常です。
健康な髪の毛は、1日50本~100本ほどの抜け毛であれば自然であると言われています。
手ぐしを通しただけで大量の毛が抜けるような方や枕についている髪の毛が増えた方は、薄毛が進行している可能性が高いと言えるでしょう。

髪質が細くなった

若ハゲで悩んでいる方の中には、以前より髪の毛が細くなったと髪質の変化を実感されているのではないでしょうか。
これはヘアサイクルが男性ホルモンの影響や遺伝、加齢などの影響で乱れてしまい、十分な栄養が髪の毛に行きわたっていないことが原因です。
髪の毛に細くなったと感じる方は、本格的な薄毛の前兆と捉えて治療を行っていく必要があります。

髪質が細くなった

以前より髪が細くなったという方は髪の毛のコシも無くなってはいないでしょうか?
髪の毛のコシが無くなるのも髪の毛に十分な栄養が行きわたってないことが原因です。
そのため、プロペシアなどの薄毛治療薬を使用して髪の毛に栄養が補給されやすい環境を整えましょう
頭皮環境が良くなれば、髪の細さやコシは同時に改善されることが多いです。

プロペシアが効かない3つの脱毛症

プロペシアが効かない3つの脱毛症

脱毛症にはAGA以外に3つの脱毛症があります。

プロペシアはAGAには効果がありますが、それ以外の脱毛症には効果は期待できません。

自身の症状が分からない場合は医師の診断を受けてから治療を行うことをお勧めします。

以下はプロペシアの効果が期待できない脱毛症です。

プロペシアの使用前に自身がどのような脱毛症なのか確認してみましょう。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症とは、髪全体のボリュームが失われる脱毛症の1つです。
女性の薄毛症状としてよく見られますが、男性にも起こりえる症状です。男性型脱毛症いわゆるAGAは前頭部や頭頂部の髪が薄くなりますが、びまん性脱毛症は全体的に抜け毛が増えていきます。

まばらに抜け毛が増えていくので気づきにくく、治療が遅れることが多い脱毛症になっています。
びまん性脱毛症は、ホルモンのバランスが崩れ頭皮のへの血流悪化、栄養不足などが原因となり起こる脱毛症です。
男性の治療にはプロペシアが用いられますが、女性の場合はプロペシアの使用はできません

円形脱毛症

円形脱毛症とはストレスが引き金となり発症する脱毛症です。
自己免疫機能が正常に機能しなくなり、体が自分の組織を攻撃してしまうことにより、白血球の一種であるリンパ球が、髪の毛の根本の毛根を包む組織である毛包を攻撃することで脱毛が起こるといわれています。
そのため、ストレスに作用のないプロペシアでは効果はありません

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症とは、頭皮に赤みやフケ、かゆみなどの症状が現れる病気の脂漏性皮膚炎によって引き起こされる脱毛症です。
常時頭皮がベタついている方は、そのまま放置しておくと脂脂漏性皮膚炎になる可能性が大いにあります。頭皮は常に外気に触れているため、環境が悪くなってしまうと外部からの刺激によって炎症が起こりやすい部位になっています。

但し、頭皮のベタつきが気になるからといって過剰にゴシゴシ洗ったり、洗浄力が強すぎるシャンプーを使ったりしている方は、脂漏性皮膚炎になりやすい傾向にあります。
プロペシアは二次的に頭皮の皮脂を抑えることはできますが、直接的に作用するものではないので脂漏性脱毛症の方にもプロペシアは効果がありません

早めの対策で若ハゲを改善

早めの対策で若ハゲを改善

若ハゲは放置しておくと加齢とともに進行していき、本格的な薄毛になってしまいます。早めにAGA治療を行えば、進行を遅らせることができ、若ハゲを治すことができます。

AGAは投薬治療を始めれば、ほぼ全ての方に発毛効果が期待できます。

ただし、抜け毛が始まって数年が経過し薄毛がかなり進行してしまっているような場合は、頭皮の毛穴自体が退化しているため、思うように毛量が増えなかったり、発毛までに時間がかかったりする可能性もあります。

「最近枕に抜け毛がかなりついている」と感じるくらいの早期段階から治療をはじめれば、発毛を実感できる可能性は高いとされています。
よく病院やクリニックのサイトで「AGAは早めの治療を」と謳っているのにはこういった背景があります。

治療期間の目安

治療期間の目安は、早い方で3ヶ月、一般的には6ヶ月と言われています。
即効性はありませんが、継続してくことでAGA治療の効果が発揮されます。

とある調査によると、48週間の投与期間で58%の人に頭頂部への効果があったという結果が出ており、さらに、2年後には68%、3年後には78%の人に改善の効果が見られています。

プロペシアの効果を実感するまでの目安を確認

【部位別】プロペシアの効果

プロペシアの効果が最も出やすい箇所としては、頭頂部・後頭部です。
O字タイプという薄毛になり、日本人に多い薄毛のタイプです。
前頭部・生え際の薄毛にはプロペシアの作用は弱く、デュタステリドが最適とされています。
そのため、薄毛のタイプによって治療薬を変更することも大切になってきます。

プロペシアはM字ハゲとつむじハゲのどちらに効果がある?

ミノキシジルの併用で効果UP

ミノキシジルの併用で効果UP

プロペシアに加えて、AGA治療で定番の組み合わせとなっているのがミノキシジルです。

ミノキシジルには発毛促進というプロペシアとは異なる作用があります。

プロペシアとミノキシジルを併用することで「抜け毛予防+発毛促進」することができ、薄毛治療が効率良く行えます

プロペシアのミノキシジルの併用について詳しく確認する

若ハゲについて詳しく知りたい場合は専門クリニックへ

若ハゲについて詳しく知りたい場合は専門クリニックへ

若ハゲには前述したとおり、AGA以外の原因もあります。

プロペシアを使用する際は、自己判断せずに専門のクリニックで症状診断を受けることをお勧めします。

若ハゲなのか、それ以外なのかは素人では判断がつかないからです。

プロペシアは通販でも購入できますが、偽薬や粗悪品も流通しているため、お勧めできません。

自己判断せずに専門のクリニックを受診しましょう!