プロペシアを服用していてもドーピング検査に該当することはない!

プロペシアを服用していてもドーピング検査に該当することはない!

「プロペシアを服用するとドーピング検査に引っかかる」
スポーツ選手が薄毛治療で治療薬を服用する際には、プロペシアに気を付けましょう…と、言われていました。

しかし、そういわれていたのは過去のこと。
現在はプロペシアを服用してもドーピング検査に該当することはありません

プロペシアの服用が男性ホルモンに影響するとのことで、2008年まではドーピング剤とされていました。
しかし、2009年1月より、ドーピング禁止リストから除外されています。

ここでは、プロペシアとドーピング検査の関係と、服用によって気を付けなければいけないこと、また、なぜ以前はドーピング禁止リストに該当していたのかを解説していきます。

プロペシアは筋肉増強剤の使用を隠す効果があった

プロペシアは筋肉増強剤の使用を隠す効果があった

プロペシアに含まれる有効成分の「フィナステリド」は、筋肉増強剤の使用を隠ぺいする効果があるとされていました。
このことから、プロペシアはドーピング禁止リストに含まれていました。

果たしてどんな効果なのか、少し詳しく解説します。
人間の体の筋肉を作るのに必要な男性ホルモンに「テストステロン」という物質があります。
男性機能の維持や、筋肉量を増やし、強度を高める働きをするホルモンです。

一部のスポーツ選手などの間では、このテストステロンに似た物質、または、取り込まれたのちに体内でテストステロンに変わる物質を投与することで、人工的に筋肉量を増強させ、意図的に優位に立とうとする向きがあるのです。
これがいわゆる「ドーピング」と呼ばれる行為なのですが、このような行為は世界アンチ・ドーピング機構(WADA)によって禁止されている行為です。
フィナステリドには、このドーピングの際に用いられる筋肉増強剤の成分が、体から排出されるのを防ぐ効果があるとされていました。
つまり、筋肉増強剤を使用してフィナステリドを服用すれば、ドーピング検査で引っかからない。
すなわち、フィナステリドにはドーピングを隠ぺいする作用があったというわけです。

現在は問題ない?

ドーピングを隠す働きがあることで禁止されていたプロペシア(有効成分はフィナステリド)ですが、2009年1月1日より、WADAが定めるドーピング禁止リストから外れました。
背景には、近年、薬物成分分析の技術が向上したことで、フィナステリドを使用しても禁止物質の判別ができるようになったことがあります。
そのため現在では、安心してプロペシアを服用して薄毛治療をしながら、ドーピング検査を気にすることなくスポーツをすることができるようになりました。

世界アンチドーピング機構(WADA)とは?

“世界アンチ・ドーピング機構の成り立ち 世界アンチ・ドーピング機構(WADA)は、世界的なアンチ・ドーピング・ムーブメントを促進、調整、モニターする役割として、1999年11月10日に設立されました。国際オリンピック委員会(IOC)や国際パラリンピック委員会(IPC)を代表するスポーツ界と、各国政府が50:50の拠出金を負担し、協力・連携体制をとる世界の独立組織です。WADAの常任理事会・理事会も、スポーツ界と各国政府が半分ずつで構成されており、政府側の理事兼アジア地域を代表する常任理事として、日本の文部科学副大臣が就任しています。 WADAの重要な活動は「世界アンチ・ドーピング規程(Code)」が、各国で遵守されているかをモニタリングすることや、各国のアンチ・ドーピング機関の環境整備支援、自然科学・社会科学系の調査研究の促進などです。” ※公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構「世界アンチ・ドーピング機構の成り立ち」より引用 https://www.playtruejapan.org/code/cooperation/world.html

上記の引用文中にある「世界アンチ・ドーピング規程(Code)」とは、フェアでクリーンなスポーツを守り、そのスポーツに参加するアスリートの権利を守るために制定された規定の名称です。

くわしくはこちらをご覧ください。

公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構「世界アンチ・ドーピング規定」 https://www.playtruejapan.org/code/provision/

ドーピング陽性になった第一号

フィナステリドの服用によって「育毛剤でドーピング検査に引っかかった」第一号の人物がいます。
元プロ野球選手、2007年当時はソフトバンクホークスで活躍していたリック・ガトームソンがその人です。

ガトームソンは、2007年にフィナステリドの使用で20日間出場停止を食らいました。

フィナステリドはソフトバンクの前に所属していたヤクルトスワローズ時代から使用しており、そのことについて球団から警告も受けていたそうです。
それでも服用を続けていたとするならば、よほどの深刻さ(薄毛の)だったのでしょう。
翌年2008年に戦力外通告を受けソフトバンクを後にしますが、その更に翌年の2009年にフィナステリドが禁止リストから外れることになります。
なんとも皮肉な運命をたどったものです。

ドーピング以外で気を付けることはある?

ドーピング以外で気を付けることはある?

ここまではドーピング検査に引っかかる恐れについて解説してきました。
他に何か、フィナステリドの使用によって影響が出るような事柄はあるのでしょうか?

健康診断では申告した方が良い

健康診断を受ける際には、AGA治療薬を服用していることを申告した方がよいでしょう。
また、会社などで健康診断を受ける場合は、AGA治療薬を服用していることを申告する必要があります。

会社勤めをされている方は、従業員に健康診断を受ける法律上の義務があることはご存じでしょう。
一方、会社側は、医師による定期健康診断を実施することが義務となっています。

健康診断を受ける際、最初に問診票を記入しますね。
そこで既往歴や自覚症状、現在かかっている病気の病名、家族の既往歴、服用している薬などを申告しますが、その際にAGA治療薬の服用についても申告することになります。

AGA治療薬が影響を及ぼす可能性がある検査項目は、肝機能検査です。
フィナステリドは、肝機能検査で調べる値を上昇させることがあるため、申告が必要なのです。
服用している薬を間違いなく申告することは、自分自身の健康状態を正しく診断してもらうためにも必要不可欠なのです。

肝臓の数値が上がってしまう理由

AGA治療薬に限らず、服用した薬の代謝は肝臓で行われます。
肝機能検査で調べられる数値は以下の3つです。

・AST(GOT)
・ALT(GPT)

健康な時にも血液中に現れますが、肝臓に障害が起こって幹細胞が壊れると血液中に流れる量が増え、値が上昇します。健康な時はASTが高くなりますが、肝障害が現れるとALTの値の方が高くなります。
・γ-GTP

肝臓の解毒作用に関係する酵素で、肝臓の組織内に存在しています。
肝臓の組織に障害が起こった時などに血液中に現れ、値が上昇します。
この値はアルコールや薬物でも上がるため、正常な値を調べるには、飲酒や服薬があったかどうかを把握する必要があります。

上記のうち、γ-GTPはアルコールや薬の服用で値が上昇します。
食べすぎ飲みすぎ、薬の飲みすぎなどでγ-GTPの値が上がると、急性肝炎や慢性肝炎、肝硬変、アルコール性肝障害、薬剤性肝障害などを引き起こします。

これらの肝機能障害は、初期では症状が全く確認できないことがほとんどです。
しかし、進行すると、全身の倦怠感、食欲不振、吐き気や黄疸、皮膚の痒みとなって現れたり、体がむくみや腹水などで現れることがあります。
これらのような明らかな症状が現れている時は、肝機能障害がかなり進行している可能性が考えられます。

前立腺がんの検査の場合は特に注意が必要

前立腺がんの疑いがあり、前立腺がんの検査を行う場合は、特に注意が必要です。
フィナステリドは、AGAの治療のみならず、海外では前立腺肥大症や前立腺がんの治療薬としても使われています。
ところが一方で、前立腺がんの早期発見に役立つとされている腫瘍マーカー「PSA」の数値を低下させることもわかっていて、フィナステリドを服用することは前立腺がんの発見を遅らせるとの注意喚起がなされてもいます。

「PSA」は、前立腺内で生成されるたんぱく質ですが、健康時にはごく少ない値を示し、前立腺肥大症や前立腺がん、前立腺炎など、前立腺の組織にダメージが加わると血液中に流れ出す物質です。
前立腺がんは症状が現れにくいことが多いため、PSAを用いる検査は前立腺がん検診の際に広く用いられている方法です。

このようなことから、前立腺に何かしらの病気が疑われる際は、フィナステリドの使用には注意が必要となります。

プロペシアを服用している時は献血出来ない

プロペシアを服用している間は、献血ができません。
何故できないのか、間違って献血してしまった場合にはどうしたらよいのか解説します。

献血出来ない理由

プロペシアの有効成分「フィナステリド」は、男性ホルモンに働きかける成分です。
なお、このフィナステリドは、薬として服用するだけではなく誤飲してしまった時や、皮膚に付着した時でも、男性ホルモンに影響を与えるとされています。
そのため、妊娠中の女性がフィナステリドに触れると、お腹の中にいる赤ちゃんが男の子の場合、生殖器に奇形を生じさせてしまう可能性があるのです。

プロペシアの服用は男性だけに限られています。
また、男性であっても、未成年が服用することは禁止されているのは、このような理由からです。
そのため、プロペシアを服用している男性は、献血することができないのです。

献血するときは服用も辞めてから1か月以上開ける

プロペシアを服用している人が献血をする場合は、プロペシアの服用を停止してフィナステリドの成分が血中から消失する1カ月待ってからと定められています。

【参考リンク】 日本赤十字社「献血をご遠慮いただく場合」 https://www.bs.jrc.or.jp/ktks/tokyo/donation/m2_01_01_index2.html

では、もしもプロペシアを服用しているのに献血をしてしまったら、どうしたらいいのでしょうか?
プロペシアなどの薄毛治療薬を服用しているのに申告し忘れてしまった場合は、献血センターの電話番号に連絡をしましょう。

・献血を行うと、献血者には「献血カード」が渡されます。

・献血センターの電話番号は、献血カードに記載されています。

・気づいたらすぐに電話をしましょう。

プロペシアの服用に不安がある場合は医師に相談しよう

・プロペシアを服用していてもドーピング検査で引っかかることは無い
・健康診断や前立腺がん検診の時はプロペシア服用を申告した方がよい
・プロペシア服用中は献血ができない

プロペシアの服用がドーピング検査には影響ないですが、健診の時などには薄毛治療をしていることがバレることを恐れずに申告した方がよさそうです。
また、献血では深刻な事態を引き起こす可能性があることから、医療機関では素直に申告すべきでしょう。
また、健康上の不安があるとき、事情があるときなどは、プロペシア服用の前に医師に相談しましょう。
薄毛治療の専門家なら、適切なアドバイスをくれるはずです。