【医師監修】プロペシアでは初期脱毛は起こらない!抜け毛が減らない原因とは?

プロペシアでは初期脱毛は起こらない!抜け毛が減らない原因とは?

薄毛治療中には服用する治療薬によって一時的に抜け毛が増加する初期脱毛が起こることがありますが、プロペシアでは初期脱毛は起こりません。

しかし、プロペシアを服用しているにも関わらず、何らかの原因で抜け毛が減少しないということがあります。

このページでは、「プロペシア服用中に抜け毛が減少しない原因とは?」「初期脱毛とは何か?」について詳しく紹介していきます。

記事の監修医

記事の監修医花房 火月(はなふさ皮膚科理事長)

(はなふさ・ひづき)はなふさ皮膚科理事長。2006年東京大学医学部医学科卒業後、がん研有明病院や東京大学医学部附属病院などでの研修を経て、東京大学医学部附属病院皮膚科・皮膚光線レーザー科・助教。2011年、三鷹はなふさ皮膚科を開設の後、東京・埼玉で7院を開院。難治性の皮膚疾患をはじめ、薄毛、シミ・シワなどの美容皮膚科にも取り組む。著書に『やっぱり美人は、かかりつけの美容皮膚科を持っていた』など。


目次

  1. プロペシアを服用しても抜け毛が減らない原因とは?
  2. 初期脱毛とは?
  3. 初期脱毛の期間は?
  4. 初期脱毛が起きた場合の対策
  5. 初期脱毛中のNG行為
  6. 初期脱毛のQ&A
  7. プロペシアでは初期脱毛は起こらない

プロペシアを服用しても抜け毛が減らない原因とは?

プロペシアを服用しても抜け毛が減らない原因とは?

プロペシアでは初期脱毛は起こりませんが、服用を開始してからも抜け毛が減らないという悩みを持つ方もいます。
プロペシアの服用を開始してから、抜け毛が減らないという方は以下の項目を確認してみましょう。

  • そもそもAGAではない
  • プロペシアの服用を始めて間もない
  • ミノキシジルを併用している
  • 粗悪品・偽物の可能性

そもそもAGAではない

プロペシアはAGAのみに効果を発揮する薄毛治療薬です。

そのため、円形脱毛症やびまん性脱毛症などのAGA以外の脱毛症には効果がありません。

プロペシアを服用しているが抜け毛が減らないというような場合は、AGA以外の脱毛症の可能性があるのでクリニックなどで正しい診断をしてもらいましょう。

プロペシアの服用を始めて間もない

プロペシアは6ヵ月間の服用が推奨されており、服用を始めて間もない場合は効果が十分に発揮されていない可能性があります。

プロペシアは即効性のある治療薬ではないので、効果の有無を見極めるには6ヵ月服用してから判断しましょう。

また、効果が現れやすい人でも服用開始から3ヵ月~と言われています。

ミノキシジルを併用している

プロペシアでは初期脱毛は起こりませんが、ミノキシジルを使用した薄毛治療では初期脱毛が起こることがあります。

これはミノキシジルが頭皮の血流を改善して、ヘアサイクルを正常に戻そうとする作用があるためです。

そのため、プロペシアとミノキシジルを併用した薄毛治療でも初期脱毛が起こる可能性があります。

偽物を服用している可能性

病院・クリニックからの処方ではなく、個人輸入を利用してプロペシアを購入している場合は偽物・粗悪品の可能性があります。

正規品のプロペシアではない場合は期待した効果が得られないだけでなく、副作用のリスクが高まることもあります。

プロペシアは医師の処方箋が必要な医薬品なので、購入する際は必ず病院・クリニックを受診してから処方してもらうようにしましょう。

初期脱毛とは?

初期脱毛とは?

初期脱毛は一時的に抜け毛が増える症状です。

ヘアサイクルの乱れが正常に戻り、発毛の準備をするため脱毛が起こります。

すでに成長が止まった古い髪の毛を新しい毛髪が押し出すことで初期脱毛が生じます。

そのため、初期脱毛が起こると今以上に髪の毛のボリュームが減少してしまいますが、決して悪い症状ではありません。

初期脱毛の期間は?

初期脱毛の期間は?

初期脱毛が起こり始める期間と終わりの期間を紹介します。

  • 始まる時期
    ⇨ 服用から10日〜1ヶ月
    抜け毛の増加、日によって抜け毛の量が異なる
  • 終わる時期
    ⇨ 初期脱毛が始まってから1~3ヵ月
    終わりが近づくと徐々に抜け毛の本数が減る

初期脱毛は抜け毛が増加しますが、日によって抜け毛の量が異なります。

前日抜け毛があまりなかったのに、今日になると抜け毛がかなり多いということは初期脱毛ではよくあることなので、あまり気にしないようにしましょう。

3ヵ月以上続く場合は医師に相談

初期脱毛は大体1~3ヵ月で治まります。

もし、抜け毛が3ヶ月以上経っても治らない場合は、初期脱毛ではなくAGA以外の脱毛症の可能性があります。

そのまま服用を続けても効果が出ないばかりか、脱毛症状が進行する可能性もあります。

3ヵ月以上抜け毛が治まらないようであれば、医師に相談してAGA以外の脱毛症を発症していないか確認してもらいましょう。

初期脱毛が起きた場合の対策

初期脱毛が起きた場合の対策

初期脱毛が起きている期間は頭皮が新しい髪の毛を生やす準備をしています。

そのため、初期脱毛が起こっている期間に頭皮を傷つけたり髪の毛の栄養が不足することで髪の毛の成長に悪影響を及ぼします。

初期脱毛が起こった際は以下のような対策を行いましょう。

  • 頭や髪の毛を触らないようにする
  • 食事や睡眠などの生活習慣を見直す

それぞれ詳しく説明します。

頭や髪の毛を触らないようにする

初期脱毛が起こると抜け毛が気になりますが、必要以上に髪の毛や頭皮は触らないようにしましょう。

頭皮を触りすぎると傷つける可能性もあり、抜け毛や頭皮環境を悪化させてしまう可能性があります。

また、過度な頭皮マッサージや爪を立てての洗髪などもいけません。

初期脱毛の期間は頭皮がデリケートなため、できるだけ頭皮へのダメージを与えないようにしてください。

食事や睡眠などの生活習慣を見直す

プロペシアでAGA治療を行っていても、生活習慣が乱れていては健康な髪の成長は望めません。
特に、次の2つは髪の毛への影響が大きいので注意しましょう。

  • 食生活
    外食やコンビニ弁当などの栄養バランスが偏った食生活では、髪の毛に必要な栄養が十分に補給できない。
    タンパク質・ビタミン・ミネラルなど髪の毛を構成する栄養素を意識して摂取する。
  • 睡眠
    寝ている間に成長ホルモンが分泌されることで髪の毛は最も成長します。
    寝不足や昼夜逆転などが頻繁にあると成長ホルモンの分泌が妨げられるので、髪の毛が成長しづらくなります。
    そのため、AGA治療中は睡眠時間をしっかり確保しましょう。

初期脱毛中のNG行為

初期脱毛中のNG行為

初期脱毛中は抜け毛が増えてしまうので不安になる方も多いでしょう。

しかし、誤った判断などで薄毛治療を中止してしまうと、これまでの治療の効果も失われる可能性があります。

そのため、初期脱毛が起こった場合でも、以下の行為は行わないように注意しましょう。

  • 自身の判断で服用を中止しない
  • プロペシアやミノキシジルの用量を自己判断で増やさない

自身の判断で服用を中止しない

初期脱毛は発毛の準備をしている最中であり、症状が悪化しているわけではありません。

そのため、初期脱毛が起こった場合でも薄毛治療は継続するようにしましょう。

勝手な判断で薄毛治療を中止すると再度AGAが進行してしまう可能性があります。

誤った判断はAGAを悪化させる可能性もあるため、初期脱毛が起こった際は必ず医師に相談したうえで薄毛治療の経過を判断しましょう。

プロペシアやミノキシジルの用量を自己判断で増やさない

初期脱毛によって抜け毛が増えても、プロペシアやミノキシジルの用量を自己判断で増やしてはいけません。

治療薬の1日の用量の上限は決まっており、個人の体質などによっても服用量が異なります。

また、プロペシアやミノキシジルの用量を増やしても初期脱毛が治まるわけではありません

安易に用量を増加させてしまうと、副作用のリスクだけが高まるので自己判断で用量を変更するのは辞めましょう。

プロペシアで副作用が起こる確率について詳しく確認する

初期脱毛のQ&A

初期脱毛のQ&A

初期脱毛のよくある質問をQ&A形式でご紹介していきます。

初期脱毛の始まりと終わりの兆候はある?

初期脱毛は治療を開始して10日~1ヶ月の間に起こる症状で、一時的に抜け毛が増加します。
日によって抜け毛の量が異なり、多い日や少ない日があります。
初期脱毛は成長が止まった髪の毛が抜け落ちるため、成長が止まった髪の毛の量で抜け毛の量や初期脱毛の期間が異なります。
初期脱毛は約1~3ヵ月続き、終わりの兆候としては日を重ねるごとに抜け毛の量が減ってきます

初期脱毛でスカスカになってしまった

初期脱毛で頭頂部や前髪などがスカスカになってしまったという悩みを持つ方が多くいます。

しかし、抜け毛の量が多いということはそれだけのヘアサイクルが正常に戻っている証拠でもあります。

初期脱毛で抜ける量が多いほど、生えてくる髪の毛も多いという報告もあります。

抜け毛が増加することで気が滅入りがちになりますが、プロペシアを継続して服用しましょう。

初期脱毛が終わっても生えてこない

初期脱毛が終わっても、すぐに髪が生え揃うわけではありません。

髪1本1本にヘアサイクルがあり、栄養を蓄えながら徐々に成長をはじめます。

目に見える効果は髪の毛が2〜3cmほど伸びた頃になるので、そのままプロペシアの服用を続けるようにしてください。

治療薬を切り替えた際に再度初期脱毛は起こる?

初期脱毛が起こるAGA治療薬はミノキシジルのみとされています。

そのため、プロペシア(フィナステリド)からザガーロ(デュタステリド)に切り替えた場合は、初期脱毛は起こりません。

ただし、プロペシアに加えミノキシジルを併用する場合や併用しているミノキシジルの成分量を増やした場合などは、再度初期脱毛が起こることがあります。

プロペシアでは初期脱毛は起きない

初期脱毛はAGAが改善されているサイン

冒頭でも説明しましたが、プロペシアのみを服用している場合は、初期脱毛は起こりません。
ただし、ミノキシジルを併用している場合は初期脱毛が起こる可能性があります。

初期脱毛は一時的に抜け毛が増加するため、精神的なストレスなどもありますが、発毛の準備をしている段階なので、薄毛治療は継続するようにしましょう。

また、初期脱毛はAGA治療では良い傾向とされていますが、症状がひどい場合や3ヵ月以上続く場合、不安な場合は医師に相談しましょう。