プロペシアはamazonや楽天で購入できない?その理由は?

タブレットをさわる画像

プロペシアは、AGAに対して98%の改善効果がある治療薬です。

病院で処方してもらうのが一般的ですが、病院まで行くのは面倒と考える方も多いのではないでしょうか?
ただし、プロペシアやプロペシアジェネリックはamazonや楽天といった国内通販では購入することはできません。

ここでは、通販サイトでプロペシアが購入できない理由やプロペシアの入手方法について詳しく紹介しています。

目次

  1. プロペシア(フィナステリド)はamazonや楽天で購入できない理由
  2. amazonや楽天でプロペシアを見かけたら注意
  3. プロペシアはやっぱり病院に行かないと購入できない?
  4. 専門医と相談の上でプロペシアやプロペシアジェネリックを購入しよう

プロペシア(フィナステリド)はamazonや楽天で購入できない理由

プロペシア(フィナステリド)がamazonや楽天で購入できないのは、処方箋医薬品に分類されているからです。

処方箋医薬品は、その名の通り、医師の処方箋が必要になる医薬品です。
現在、「薬機法」と呼ばれる法律により、処方箋医薬品を通販サイトで販売することは禁止されています。

プロペシアジェネリックもプロペシア同様に処方箋医薬品なため、amazonや楽天といった国内通販では購入できません。

プロペシアの通販について詳しく確認する

薬機法とは?

薬機法とは、医療品や医療機器などの有効性・安全性を確保するための法律です。
正式には、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」と呼ばれ、以前は「薬事法」と呼ばれていました。

この薬機法により、医薬品や医療機器などの製造や販売に関する取扱いや許認可に関して定められ、処方箋医薬品は処方箋なしに販売することが制限されています。
そのため、amazonや楽天などの通販サイトでは、処方箋医薬品の販売そのものが禁止されています。

プロペシアやプロペシアジェネリックを購入するには医師の処方箋が必要

プロペシアやプロペシアジェネリックを処方してもらうには医師の処方箋が必要です。

処方箋医薬品とは、副作用のリスクがあり、飲み合わせの確認など医師の専門的な知識や判断が必要になる医薬品を指します。
プロペシアやプロペシアジェネリックは安全性が高い医薬品ですが、副作用のリスクがあることから処方箋医薬品に分類されています。

プロペシアはドラッグストアでも購入できない?

プロペシアはドラッグストアや薬局などでも購入できません。
なぜなら、ドラッグストアでも、amazonや楽天の通販と同様に薬機法により、処方箋医薬品であるプロペシアを取り扱うことができないからです。

そのため、プロペシアを国内で購入するには医師の診断の下、処方箋を発行してもらう必要があります。

プロペシアを薬局で購入できない理由を詳しく確認する

amazonや楽天で購入できるAGA治療薬は?

amazonや楽天で購入できる唯一のAGA治療薬はミノキシジル外用薬です。
リアップなどで知られているミノキシジル外用薬は、国内通販の他、薬剤師のいるドラッグストアや薬局などでも購入できます。

ただし、リアップなどのミノキシジル外用薬も副作用が起こる可能性があります。
そのため、はじめて使用する際は、クリニックで診察を受けてミノキシジル外用薬が自分に適しているか知ることが重要です。

amazonや楽天でプロペシアを見かけたら注意

とまれの看板画像

amazonや楽天ではプロペシアの販売は禁止されているため基本的には見かけることはありません。

ただし、もしも、見かけた場合は偽物の可能性があるため、絶対に購入しないようにしましょう。
もちろん、amazonや楽天以外でも国内の通販サイトで見かけた場合でも、同様の理由で絶対に購入してはいけません

メルカリやヤフオクで見かけても買ってはダメ

通販サイトと同様に、個人間での売買に特化しているメルカリやヤフーオークションでも処方箋医薬品の販売は禁止されています。
そのため、プロペシアやプロペシアジェネリックを売買することはできません。

薬機法によって販売や転売が禁止されているだけでなく、メルカリなどのサイト側でも販売が規制されていますが、万が一、見かけた場合でも購入することは厳禁です。

プロペシアはやっぱり病院に行かないと購入できない?

薬の画像

繰り返しとなりますが、プロペシアは処方箋医薬品に分類されるため、病院で処方してもらうのが一般的です。
ただし、病院へ行かなくても購入できる方法があります。

ここでは、この2つの購入方法を詳しく確認していきましょう。

個人輸入でプロペシアを購入できる?

個人輸入とは、海外からプロペシアを取り寄せる方法を指します。
医薬品の個人輸入は薬機法でも認められているため、プロペシアを海外から購入することに問題はありません。

ネット上を調べてみると、個人輸入を代行してくれる個人輸入代行サイトをよく見かけませんか?

これらのサイトは、個人輸入に関わる手続きを全て代行してくれるため、通常の通販と変わらない要領でプロペシアを購入できます。
処方箋も必要ないため、便利なように感じますが、リスクが非常に高いため個人輸入はオススメできません。
具体的にどのようなリスクがあるのか確認していきましょう。

個人輸入のリスクについて

個人輸入を使ってプロペシアを購入する場合のリスクは様々です。

  • 偽造薬や粗悪品が送られてくる
  • お金だけだまし取られる
  • 副作用が出ても自己責任

個人輸入で購入する医薬品は、海外で販売されているものとなります。
正規品が送られてくる保証もなく、実際に偽造薬による健康被害なども報告されています。
また、お金だけをだまし取る詐欺行為をする悪質サイトが存在するため注意が必要です。
さらに、個人輸入で手に入れたプロペシアを使って副作用が出ても、全て自己責任となるため、医薬品副作用被害救済制度を利用することもできません。

このようにリスクが非常に高いため、個人輸入で医薬品を購入することは避けましょう。

プロペシアの個人輸入の危険性を詳しく確認する

オンライン診療なら自宅にいながらでプロペシアを購入できる

オンライン診療とは、カメラ付きのスマートフォンやPCなどを活用してオンライン上で医師による診察・薬の処方を受けられるシステムです。
2020年の新型コロナ(COVID-19)の関係で、初診対面の原則の規制緩和により徐々に浸透しはじめています。

薬もしくは処方箋を郵送してもらえるため、病院へ行くほどの手間がかかりません。
そのため、自宅にいながらプロペシアを安全に購入できる唯一の方法といってもいいのではないでしょうか?

ただし、検査を伴う診療はできないことを理解しておく必要があります。
そのため、何か持病がある場合などは、クリニックや病院で検査を受けることをオススメします。

オンライン診療について詳しく確認する

専門医と相談の上でプロペシアやプロペシアジェネリックを購入しよう

医師の画像

AGAの治療を考えている場合、専門医と相談しながら治療を行うことが重要です。
なぜなら、以下のようなメリットがあるからです。

  • 正規品のプロペシアを手に入れられる
  • 服用に関する指導を受けられる
  • 副作用が起きたりした場合でも対応してもらえる
  • 経過観測や検査も定期的に受けられる

もしも、病院へ行く時間が取れない場合は、オンライン診療を活用すれば自宅にいながら診察を受けることも可能です。

安全に、そして効果的にプロペシアを使用するためにも専門医へまずは相談しましょう。