プロペシア(フィナステリド)を安く買う方法教えます!オススメの購入方法は?

電卓と通帳の画像

プロペシア(フィナステリド)は長期間、服用をすることで効果を発揮するAGA治療薬です。
そのため、少しでも安くプロペシアを購入したいという方も多いことでしょう。

そこで、ここではプロペシアの各購入方法の相場や特徴を詳しく紹介しています。

目次

  1. プロペシア(フィナステリド)の購入方法を紹介
  2. 個人輸入は安いがリスクが高い
  3. 安全にプロペシア(フィナステリド)を購入するなら病院・クリニック・オンライン処方がオススメ
  4. プロペシアを安全に安く買う方法
  5. プロペシア(フィナステリド)は長期継続するからこそ安全性が重要

プロペシア(フィナステリド)の購入方法を紹介

プロペシア(フィナステリド)の購入方法は以下の3種類です。

ここでは、各購入方法の特徴や相場を紹介していきます。
それでは詳しく確認していきましょう。

病院・クリニック処方

病院・クリニック処方は、プロペシア(フィナステリド)を購入する最もスタンダードな方法です。

病院やクリニックで診察を受け、医師の発行する処方箋をもとにプロペシアを処方してもらえます。
健康状態やAGAの進行度を医師に確認してもらうことで、自分に適した治療法を紹介してもらえるのが最大のメリットといえるでしょう。

病院・クリニックの治療薬の費用相場は以下の通りです。

  • プロペシア(28錠):6,500~10,000円

AGA治療に健康保険は適用されないため、自由診療(病院によって費用が変動)となり、治療薬代の他に診察料や検査代などが必要なケースがあります。
ただし、クリニックによっては診察料が無料の場合もあるため、事前にクリニックの料金を確認することが大切です。

プロペシアの処方相場を詳しく確認する

オンライン診療

オンライン診療とは、スマートフォンやパソコンなどを活用してオンライン上で医師の診察・薬の処方を受けられるという新しい診療形式です。
自宅にいながら診察を受けることができる他、治療薬や処方箋を郵送で送ってもらえるため、病院やクリニックへ行くほどの手間がかかりません。

ただし、検査を伴う診療はできないため、何か持病がある場合などは、クリニックや病院で検査を受けることをオススメします。

オンライン処方の治療薬の費用相場は、以下の通りです。

  • プロペシア(28錠):6,500~10,000円

別途、初診・再診料や薬の送料がかかる場合や、中にはオンライン診療アプリのダウンロードが必要な場合などクリニックによっては様々です。
ただし、治療薬代のみでオンライン診療を行っているクリニックもあるため、希望する際は各クリニックの比較をすることをオススメします。

オンライン診療について詳しく確認する

個人輸入による通販

個人輸入とは、海外からプロペシアなどの医薬品を取り寄せる方法です。
医師の処方箋も必要なく、個人輸入に関わる手続きを全て代行してくれる個人輸入代行サイトもあるため利用している人も少なくありません。

治療薬代も他の購入方法に比べ、比較的安いのが特徴です。

  • プロペシア(28錠):6,500~9,000円

このように費用も抑えられますが、購入した治療薬で副作用が起きた場合は全て自己責任になるなどリスクの高い購入方法であることを理解しなくてはいけません。

次項で詳しく確認してみましょう。

個人輸入は安いがリスクが高い

止まれの画像

個人輸入を利用すれば、プロペシア(フィナステリド)を安く購入できますが、リスクが高いことを理解しておく必要があります。
ここでは個人輸入のリスクとして以下の4つを紹介していきます。

それでは詳しく確認していきましょう。

偽物の危険性

個人輸入で医薬品を購入する場合、正規品が必ずしも送られてくるとは限りません。
なぜなら、プロペシアやプロペシアジェネリックは人気の高いAGA治療薬なため、偽物や粗悪品の存在を否定することができないからです。
偽物を服用した場合、効果がないばかりか、AGAの症状を悪化させてしまう危険性もあります。

さらに注意しなければいけないのは副作用です。

副作用のリスク

もしも、購入したプロペシアが偽物だった場合、服用することで重篤な副作用が起こる危険性があることを理解しなくてはいけません。
実際に個人輸入で購入した偽物の医薬品による健康被害なども報告されています。

プロペシアは毎日服用することで効果が発揮される治療薬なため、安全性を第1に考えなくてはいけません。

悪質サイトの存在

個人輸入代行サイトの中には、残念ながら悪質サイトが存在します。

偽物を販売する悪質サイトや、さらには購入代金だけを騙し取るといった詐欺行為を行う悪質サイトも存在するため注意しましょう。

何があっても自己責任

個人輸入の通販を利用して悪質な詐欺にあっても、偽物を服用して健康被害が出ても、全て自己責任となります。
例えば、副作用の治療や通院に伴う損害の補償はされませんし、お金を騙し取られた場合の損害も補償されません。

このように個人輸入で医薬品を購入する場合、リスクが高いため、安いからといって安易に購入するのは避けた方がいいでしょう。

プロペシアの個人輸入の危険性をさらに詳しく確認する

安全にプロペシア(フィナステリド)を購入するなら病院・クリニック・オンライン処方がオススメ

処方箋袋の画像

プロペシアの購入方法としてオススメなのは、病院やクリニックでの処方オンライン処方です。
なぜなら、安全性が高く、AGAの進行パターンやレベルによって適切な治療法を提案してくれるからです。

ここでは、病院やクリニックでの処方やオンライン処方の安全性が高い理由を確認してみましょう。

安全性が高い理由

病院・クリニック処方やオンライン処方の安全性が高い理由は以下の通りです。

  • 処方されるプロペシアは100%正規品
  • 健康状態を確認してもらえる
  • 服薬指導を受けられる

病院やクリニックで処方するプロペシア(フィナステリド)は、100%正規品なため偽物の不安を抱える必要はありません。
さらに、健康状態を確認してもらいながら服薬指導を受けることもできるため、自分により適した治療法を提案してもらうことも可能です。
また、万が一、プロペシア(フィナステリド)が体に合わずに副作用が起きた場合も、医薬品副作用被害救済制度を適用されるため安心して治療に専念できることでしょう。

プロペシアの副作用を詳しく確認する

医薬品副作用被害救済制度とは?

医薬品副作用被害救済制度とは、医師の指導のもと治療薬を正しく指導したにもかかわらず副作用が原因で健康被害が起きてしまった際の救済制度です。
日常生活に制限される障害、入院や治療が必要な場合、または死亡した場合に医療費などの給付が行われます。

この制度が適用されるのは、病院やクリニックで医師が処方した治療薬を適切に使用した場合に限ります。
個人輸入による通販は適用されないため注意しましょう。

プロペシアを安全に安く買う方法

貯金箱の画像

AGA治療に専念するために、病院やクリニックでプロペシア(フィナステリド)を処方してもらうのが最も安全です。
ただし、治療費に関して不安を感じる方もいることでしょう。

そこで、ここでは治療費を抑えるための方法を紹介していきます。

それでは詳しく確認していきましょう。

病院・クリニックのプロペシアの価格を比較する

AGA治療は保険が適用されないため自由診療となります。
そのため、病院やクリニックによってかかる費用が異なるので比較をしてみることが大切です。

例えば、以下の3項目だけを比較するだけでも費用が安いクリニックが見つかります。

  • 初診・再診料
  • 検査料
  • 治療薬代

病院やクリニックによっては治療薬代以外すべて無料という場合もあります。
なお、カウンセリングが無料のクリニックもあるため、カウンセリングを受けて治療費を提示してもらうのも1つの方法です。

ジェネリックを処方してもらう

プロペシアジェネリックを処方してもらうことで治療薬代を節約することが可能です。

プロペシアジェネリックは、日本では2015年に販売が開始され、現在、「ファイザー」「沢井製薬」「東和薬品」「クラシエ」などの9社から販売されています。
AGA治療を行うクリニックのほとんどがジェネリックを取り扱っているため、気になる場合は診察の際に確認してみましょう。

プロペシアジェネリックについて詳しく確認する

ジェネリックの効果・安全性について

ジェネリック医薬品とは、先発薬の特許満了後に販売される先発薬と同じ有効成分を使用して製造された治療薬です。
正式には「後発医薬品」と呼ばれ、先発薬と同じ「効果・安全性・品質」が保証されています。
すでに先発薬で安全性や有効成分を使用することから開発費が少なくなるため、販売価格も先発薬に比べて安くなるのが特徴です。

つまり、プロペシアジェネリックであるフィナステリド錠もプロペシアと同等の「効果・安全性・品質」が保証されています。
さらにプロペシアよりも安く購入できることから、費用を抑えたいという方はプロペシアジェネリックを使用してみてはいかがでしょうか?

プロペシア(フィナステリド)は長期継続するからこそ安全性が重要

スマホの画像

プロペシアはAGAに対して98%もの有効性が認められたAGA治療薬です。

即効性はないため、効果を実感するには早くとも3ヵ月、通常半年という期間が必要となるため、費用面を気にする方も少なくありません。
しかし、費用面を気にするあまり、個人輸入でプロペシアを安く購入して使用した結果、AGAが悪化してしまう、体調を崩してしまうということが起きればさらに費用がかかってしまいます。

毎日、継続して服用するからこそ安全面を第1に考えなくてはいけません。

AGA治療の経験を積んできた医師に相談し、適切な治療を受けることで安全面は高くなり、さらには満足するAGAの改善効果も得られることでしょう。