プロペシアやフィナステリド錠は薬局では購入できない!

プロペシアやフィナステリド錠は薬局では購入できない! 

プロペシアや配合成分であるフィナステリドが配合されたAGA治療薬を手に入れる方法は様々です。
こちらのページでは病院で処方してもらえるプロペシアについて、なぜ薬局やドラッグストアで購入することができないのか?といったことや個人輸入で購入する上での危険性について紹介していきます。

目次

  1. プロペシアやフィナステリド錠は薬局やコンビニで購入出来ない
  2. プロペシアやフィナステリド錠を購入する場合は保険が適用されない
  3. プロペシアとフィナステリド錠の違い
  4. 個人輸入サイトで購入することはオススメできない
  5. プロペシアやフィナステリド錠を安全に利用するならクリニックへ

プロペシアやフィナステリド錠は薬局やコンビニで購入出来ない

プロペシアやフィナステリド錠は薬局やコンビニで購入出来ない

薬局やコンビニの中では、風邪薬などを販売しているため、それと同じようにAGA治療薬のプロペシアを販売していると考える人もいます。
しかし、プロペシアやフィナステリド錠がコンビニや薬局で販売されていることはありません。
では、なぜコンビニや薬局では販売されていないのでしょうか?その理由を見ていきましょう。

薬局やコンビニで購入出来ない理由

プロペシアやフィナステリド錠は処方箋医薬品と呼ばれる種類の医薬品です。
処方箋医薬品は購入するために処方箋が必要になります。
販売自体も薬機法によって制限されているため、薬局やコンビニで販売することはできず、販売されていないからこそ購入することもできないというわけです。

国内の通販サイトでも購入出来ない

薬機法によって、薬局やコンビニで処方箋医薬品を販売することはできません。
当然、amazonや楽天といった通販サイトでも販売されていませんので、通販サイトを利用しても処方箋医薬品を購入することはできません。
また、通販サイトではパッケージを似せた偽物を販売するといったような行為が行われていることもあるため、注意が必要です。

通販サイトでプロペシアを購入出来ない理由についてはコチラ

ドラッグストアや国内通販サイトで購入できるのは塗るタイプのミノキシジルだけ

プロペシアやフィナステリド錠は薬局や通販サイトでは販売されていません。
しかし、AGA治療効果を持つ成分のミノキシジルを配合したリアップシリーズなどは、一般医薬品と呼ばれる部類の処方箋が無くても販売や購入ができる医薬品です。
そのため、ミノキシジル配合のAGA治療薬は、薬局や通販でも購入することが可能です。

プロペシアやフィナステリド錠を購入する場合は保険が適用されない

プロペシアやフィナステリド錠は通販などで購入することはできないということはお判りいただけたでしょう。
しかし、クリニックでプロペシアなどを処方してもらう場合にも気を付けるべきことがあります。
それが、保険が適用されないということです。
そのため、プロペシアを処方してもらい購入する場合は自由診療となり患者負担は10割となります。

保険が使えない理由

プロペシアを病院で処方してもらう場合、保険が適用されないということはお伝えしました。
では、なぜプロペシアを処方してもらう場合、保険が適用されないのでしょうか?

保険が適用される診療の範囲は限定されています。
保険が適用されている診療は最低限の機能を取り戻すためのものであり、治療方法なども決められています。
その一方、自由診療は治療法や使う薬に対しての指定はないため、望む結果に沿った治療を受けることができます。

AGA治療はこの保険が適用される範囲外のものであるため、自由診療となってしまうのです。

プロペシアとフィナステリド錠の違い

AGA治療に使われる治療薬としてプロペシアが一般的ですが、現在ではこのプロペシア以外にもフィナステリド錠と呼ばれる治療薬が使われるケースもあります。
では、このプロペシアとフィナステリド錠にはどういった違いがあるのでしょうか?
実はこの2つは同じようなものであり、プロペシアは先発薬、フィナステリド錠はジェネリックという違いがあります。

フィナステリド錠は様々な製薬会社で作られており製薬会社によって、フィナステリド錠1mg「TOWA」といったような形で最後に製薬会社がわかるような販売名になっています。

プロペシアとフィナステリド錠の処方相場

プロペシアとフィナステリド錠は、先発薬とジェネリックという関係であるとお伝えしました。
ジェネリック医薬品は先発薬と比べて安価で購入できるという利点を持っています。

プロペシアとフィナステリド錠の相場

プロペシア1mg」は28錠で8,000円ほど 「フィナステリド錠1mg」は28錠で4,000円ほど

ジェネリックは先発薬の半額程で手に入れることができます。

プロペシアの処方相場についてはコチラ

個人輸入サイトで購入することはオススメできない

個人輸入サイトで購入することはオススメできない

プロペシアを手に入れる方法は、クリニックで処方してもらうのが基本となっていますが、クリニックを使わず個人輸入サイトを使うことでも手に入れることは可能です。
ただし、個人輸入サイトを使ってプロペシアを手に入れるのには、以下に述べるような様々なリスクがあるためオススメすることはできません。

プロペシアを通販する危険性について詳しくはコチラ

個人輸入で購入することはできるが偽物の可能性が高い

個人輸入サイトを使うことで、プロペシアを手に入れること自体は可能です。
しかし、プロペシアは偽物も多く流通しているため、個人輸入サイトを通じて手に入れたプロペシアが偽物である可能性は低くありません。
特にプロペシアやEDの改善に使われるED治療薬は需要が高いという点から、偽物も多くなっています。
偽物が多いということは、それだけ偽物を手にしてしまう可能性が高いということでもあるため、個人輸入サイトを使ってプロペシアを手に入れることは偽物のリスクが非常に高いといえます。

プのぺシアの偽物についてはコチラ

偽物による健康被害

個人輸入サイトを使うことで、プロペシアの偽物をつかまされるリスクが高い上に、偽物と気づかずに使用してしまった場合には、更なる問題に発展する可能性があります。

例えば、偽物が全く何の効果も持たないものであれば、AGAの進行は止まらず薄毛は進行し続けてしまいます。
しかし、本人はプロペシアを服用していると思っているため、プロペシアは効果が無いといった間違った認識にも繋がってしまいます。

また、偽物の中には劣悪な衛生環境で作られるものも少なくありません。
そのため、薬の中に不純物などが混入してしまっており、服用することで健康被害があらわれるといった可能性もあります。

何かあっても自己責任になってしまう

個人輸入で手に入れた医薬品の使用は全て自己責任という点も把握しておく必要があります。
自己責任の元、治療薬を使うことになるため何かしらの問題が起きたり、副作用被害があらわれた場合も全て責任は自分自身となってしまいます。

通常、クリニックで処方された治療薬は副作用被害が起きた場合、医薬品副作用被害救済制度と呼ばれる制度を使うことで、さまざまな救済を受けることができます。
しかし、個人輸入で購入した医薬品を使ってなにかしらの問題が起きた場合は、自己責任となるため上記の救済制度を使うことはできないのです。

プロペシアやフィナステリド錠を安全に利用するならクリニックへ

プロペシアやフィナステリド錠はクリニックを使わず個人輸入サイトを通して手に入れることは可能です。
しかし、上記でお伝えしている様に、さまざまなリスクがあるため安心安全にプロペシアを使うという点で考えると個人輸入サイトでプロペシアを手に入れて使うのはオススメできません。

クリニックで処方してもらった場合は、救済措置も使え副作用が起きた場合も医師にすぐに対応してもらえるため安心です。
そのため、安心安全にプロペシアを使ってAGA治療を進めたいと考えている場合、専門医のいるAGAクリニックや病院で適切な診断を受けてプロペシアを処方してもらうようにしましょう。