プロペシアを個人輸入すると偽物のリスクがある!本物を購入するならAGAクリニックがオススメ

プロペシアを個人輸入すると偽物のリスクがある 

AGA治療薬であるプロペシアを個人輸入で手に入れる場合に切り離せない問題が偽物のリスクです。
確実に本物のプロペシアを手に入れ、安心してAGA治療を進めようと考えた場合はAGAクリニックで処方してもらうほかありません。

目次

  1. 個人輸入サイトでは偽物が販売されている?
  2. 偽物を服用するリスク
  3. 販売元のオルガノン社が発している注意喚起
  4. プロペシアは人気の薬なので偽物業者に狙われやすい
  5. SNSなどで激安を謳っている業者にも注意
  6. 価格が気になるならプロペシアジェネリック
  7. 本物を使って安全に治療しよう

個人輸入サイトでは偽物が販売されている?

個人輸入サイトでは偽物が販売されている? 

個人輸入サイトでは偽物のリスクは切り離せない問題ではありますが、実際にどのぐらいの割合で偽物を手にしてしまうのでしょうか?
厚生労働省から発表された個人輸入に関する報告では、プロペシアの調査の結果ではありませんが個人輸入した医薬品の4割が偽物であったという結果が出ています。
2016年のデータであるため、新しいデータとはいえませんが当時は4割もの確率で偽物を掴んでしまうリスクがあったのです。
現在では、この確率は上下している可能性はあるものの、ゼロになっているという可能性は非常に低いと考えられます。

本物と偽物の見分け方

本物と偽物の見分け方 

個人輸入サイトを使ってプロペシアを購入した場合は、届いた商品が本物であるのか偽物であるのかの確認を行う必要があります。
個人で本物と偽物を見分ける方法は主に、錠剤の形状や色味、パッケージのデザインなどを元に判断することになります。

プロペシアの正規品は、錠剤の色が1mgは淡い黄色で、0.2mgはサーモンピンクです。
錠剤は丸形で、1mgは「MSD115」、0.2mgは「MSD22」と刻まれています。
錠剤の背面はプロペシアのロゴの「P」マークが刻まれています。

パッケージは白をベースに緑でプロペシアと英語で記載されています。
MSDのマークが右下に大きく入っている特徴もあります。

サイト内では本物の写真を使っている可能性が高い

プロペシアの本物と偽物を見分ける方法をお伝えしましたが、個人輸入サイトに掲載されている写真を見て本物か偽物を判断して利用するかどうかを判断するのは危険です。

なぜなら、個人輸入サイトに掲載されている写真自体が届くものであるかどうかの確証がないためです。
正規品の写真を流用して掲載し、実際に届く商品は全くの偽物という可能性も十分に考えられ、そうなると輸入にかかる費用は全て無駄になってしまいます。

未承認薬の成分鑑定は難しい

国内で処方されているような医薬品の場合、成分などを調べて本物であるかどうかの判断を確実に行うことができます。
しかし、日本で承認されていないモノの場合、薬の成分鑑定を行うことはできません。
これは国内に承認された治療薬がないため、本物であるかのどうかの判断ができないためです。
そのため、国内未承認薬は成分鑑定そのものができないため、本物か偽物の判断ができないため安全に使用することが難しいのです。

偽物を服用するリスク

偽物を服用するリスク 

個人輸入サイトでは偽物を購入してしまう可能性があります。
ここからはそんな偽物の治療薬を購入してしまい、気づかずに服用してしまった場合のリスクについて紹介していきます。

症状が進行してしまう

AGA治療のためにプロペシアを購入したのに、購入したものが偽物だった場合。
当然、AGA治療の効果はないため、進行性の疾患であるAGAの進行は止まらずに進行し続けることになります。
その結果、薬を服用しているのにAGAは進行してしまい、薄毛はより酷い状況になってしまいます。

健康被害

偽物のプロペシアを服用した場合、AGA治療の効果があらわれずAGAが進行してしまいます。
プロペシアの偽物が何で作られているかは分かりません。
そのため、人体に有害な物質で作られた粗悪な品であった場合、AGAの治療どころか健康被害に繋がる可能性もあります。
上記で挙げたこと以外にも、どのようなことが起きるかの予想もできないため個人輸入は非常に危険です。

死亡例もある

個人輸入サイトを利用して治療薬を購入して使った人の中には、死亡してしまったというケースが報告されています。
購入した治療薬に関する報告はなく、それがプロペシアであったかは不明です。
しかし、個人輸入によって手に入れた治療薬を服用したことによって死亡してしまう危険性があるため、安全にAGA治療を進めたい場合は、クリニックでの処方が必要不可欠です。

販売元のオルガノン社が発している注意喚起

個人輸入サイトを利用して偽物を手にしてしまうリスクは低くありません。
プロペシアを製造・販売している製薬会社のオルガノンも、個人輸入サイトを通した偽物の流通に関して注意喚起を行っています。
オルガノンが運営するAGAの情報発信サイト「AGA-news」では、偽物に関する情報だけでなく、プロペシアの本物と偽物の写真を掲載しています。

外部リンク:フィナステリド錠を安全にお使いいただくために|抜け毛、薄毛(うす毛)対策【AGA-news】|オルガノン株式会社

プロペシアは人気の薬なので偽物業者に狙われやすい

偽物業者に狙われやすい

プロペシアを製造する製薬会社オルガノンが偽物に関する注意喚起を行っているほど、プロペシアの偽物は多いのが現状です。
これは、AGA治療薬のプロペシアやED治療薬は国内では保険が適用されないため、購入のための患者負担が大きく高価であるためです。
偽物を販売した時の利益が非常に大きいため偽物業者が参入しやすく、保険対象外の高価な治療薬は目を付けられ易いのです。
個人輸入はこうした偽物リスクがあるため、安全に治療するためにもクリニックで治療薬を処方してもらうようにしましょう。

SNSなどで激安を謳っている業者にも注意

個人輸入サイトの中には、SNSを通じて激安でプロペシアなどの治療薬を販売していると謳っているところも少なくないですが、そうしたサイトは絶対に利用しないようにしましょう。
ここでは、なぜ絶対利用してはいけないかについて紹介していきます。

国内通販が出来ない

そもそも、日本国内では薬機法によって医薬品の売買は厳しく制限されています。
当然、許可などなく医薬品を販売しているサイトは違法です。
違法な業者から購入したものに対して何かしらの保証などがあるということもないですし、お金だけをだまし取られてしまうなんていう可能性もあります。

偽物の可能性が高いこと

悪徳業者はSNSを利用しているというケースも多いため、SNSを通じて通販でプロペシアなどを手に入れても、それが本物である可能性は低く偽物の可能性が高かったり、詐欺であったりするケースもあります。

価格が気になるならプロペシアジェネリック

価格が気になるならプロペシアジェネリック 

プロペシアを購入してAGA治療を進めたいと思っていても、価格がネックとなって治療への一歩を踏み出せないケースは珍しくありません。
そんな時に治療コストを抑えるのに役立ってくれるのが、プロペシアジェネリックです。

国内にあるフィナステリド錠の一覧

現在、国内で処方されているフィナステリドを配合したAGA治療薬の一覧はこちらです。

メーカー名 販売名
大興製薬 フィナステリド錠0.2mg 1mg「クラシエ」
沢井製薬 フィナステリド錠0.2mg 1mg「サワイ」
東和薬品 フィナステリド錠0.2mg 1mg「トーワ」
シオノケミカル フィナステリド錠0.2mg 1mg「SN」
辰巳化学 フィナステリド錠0.2mg 1mg「TCK」
武田テバファーマ フィナステリド錠0.2mg 1mg「武田テパ」
富士化学工業 フィナステリド錠0.2mg 1mg「FCI」
リョートーファイン フィナステリド錠0.2mg 1mg「RTO」
小林化工 フィナステリド錠0.2mg 1mg「SKI」
ファイザー フィナステリド錠0.2mg 1mg「ファイザー」

上記の表からもわかるように、ジェネリックの販売名は『フィナステリド錠〇mg「メーカー名」』といった形式になっています。
現在、プロペシアを販売するオルガノン以外に、10社もの製薬会社がプロペシアジェネリックを製造・販売しています。

国産ジェネリックはクリニックで購入

前述したように、日本国内でも様々な製薬会社からプロペシアジェネリックは製造・販売されています。
これらのジェネリックを手に入れるための方法も新薬であるプロペシアと同様に、病院で診察を受け、処方してもらう必要があります。
当然、ジェネリックを病院で処方してもらう場合も、医薬品副作用被害救済制度を受けることは可能です。

この医薬品副作用被害救済制度は、医師から処方された医薬品を使った時に副作用があらわれたような場合に救済を受けられる制度で、速やかに対応してもらうことができます。

本物を使って安全に治療しよう

AGAに限らずどのような疾患であっても治療を行う場合は、リスクのある通販を利用して治療薬を手に入れるのではなく病院やクリニックで診察を受け、医師から適切な治療薬を処方してもらいましょう。
安心、安全な治療はこうした医師の処方や救済制度の活用が必要不可欠です。
それぞれの疾患に対して適切な治療を進める、副作用などがあらわれた場合に救済制度を利用するためにも病院やクリニックで治療薬を処方してもらうようにしましょう。

プロペシアを個人輸入すると偽物のリスクがある!本物を購入するならAGAクリニックがオススメ

プロペシアを個人輸入すると偽物のリスクがある!本物を購入するならAGAクリニックがオススメ

プロペシアを個人輸入すると偽物のリスクがある 

AGA治療薬であるプロペシアを個人輸入で手に入れる場合に切り離せない問題が偽物のリスクです。
確実に本物のプロペシアを手に入れ、安心してAGA治療を進めようと考えた場合はAGAクリニックで処方してもらうほかありません。

目次

  1. 個人輸入サイトでは偽物が販売されている?
  2. 偽物を服用するリスク
  3. 販売元のMSD社が発している注意喚起
  4. プロペシアは人気の薬なので偽物業者に狙われやすい
  5. SNSなどで激安を謳っている業者にも注意
  6. 価格が気になるならプロペシアジェネリック
  7. 本物を使って安全に治療しよう

個人輸入サイトでは偽物が販売されている?

個人輸入サイトでは偽物が販売されている? 

個人輸入サイトでは偽物のリスクは切り離せない問題ではありますが、実際にどのぐらいの割合で偽物を手にしてしまうのでしょうか?
厚生労働省から発表された個人輸入に関する報告では、プロペシアの調査の結果ではありませんが個人輸入した医薬品の4割が偽物であったという結果が出ています。
2016年のデータであるため、新しいデータとはいえませんが当時は4割もの確率で偽物を掴んでしまうリスクがあったのです。
現在では、この確率は上下している可能性はあるものの、ゼロになっているという可能性は非常に低いと考えられます。

本物と偽物の見分け方

本物と偽物の見分け方 

個人輸入サイトを使ってプロペシアを購入した場合は、届いた商品が本物であるのか偽物であるのかの確認を行う必要があります。
個人で本物と偽物を見分ける方法は主に、錠剤の形状や色味、パッケージのデザインなどを元に判断することになります。

プロペシアの正規品は、錠剤の色が1mgは淡い黄色で、0.2mgはサーモンピンクです。
錠剤は丸形で、1mgは「MSD115」、0.2mgは「MSD22」と刻まれています。
錠剤の背面はプロペシアのロゴの「P」マークが刻まれています。

パッケージは白をベースに緑でプロペシアと英語で記載されています。
MSDのマークが右下に大きく入っている特徴もあります。

サイト内では本物の写真を使っている可能性が高い

プロペシアの本物と偽物を見分ける方法をお伝えしましたが、個人輸入サイトに掲載されている写真を見て本物か偽物を判断して利用するかどうかを判断するのは危険です。

なぜなら、個人輸入サイトに掲載されている写真自体が届くものであるかどうかの確証がないためです。
正規品の写真を流用して掲載し、実際に届く商品は全くの偽物という可能性も十分に考えられ、そうなると輸入にかかる費用は全て無駄になってしまいます。

未承認薬の成分鑑定は難しい

国内で処方されているような医薬品の場合、成分などを調べて本物であるかどうかの判断を確実に行うことができます。
しかし、日本で承認されていないモノの場合、薬の成分鑑定を行うことはできません。
これは国内に承認された治療薬がないため、本物であるかのどうかの判断ができないためです。
そのため、国内未承認薬は成分鑑定そのものができないため、本物か偽物の判断ができないため安全に使用することが難しいのです。

偽物を服用するリスク

偽物を服用するリスク 

個人輸入サイトでは偽物を購入してしまう可能性があります。
ここからはそんな偽物の治療薬を購入してしまい、気づかずに服用してしまった場合のリスクについて紹介していきます。

症状が進行してしまう

AGA治療のためにプロペシアを購入したのに、購入したものが偽物だった場合。
当然、AGA治療の効果はないため、進行性の疾患であるAGAの進行は止まらずに進行し続けることになります。
その結果、薬を服用しているのにAGAは進行してしまい、薄毛はより酷い状況になってしまいます。

健康被害

偽物のプロペシアを服用した場合、AGA治療の効果があらわれずAGAが進行してしまいます。
プロペシアの偽物が何で作られているかは分かりません。
そのため、人体に有害な物質で作られた粗悪な品であった場合、AGAの治療どころか健康被害に繋がる可能性もあります。
上記で挙げたこと以外にも、どのようなことが起きるかの予想もできないため個人輸入は非常に危険です。

死亡例もある

個人輸入サイトを利用して治療薬を購入して使った人の中には、死亡してしまったというケースが報告されています。
購入した治療薬に関する報告はなく、それがプロペシアであったかは不明です。
しかし、個人輸入によって手に入れた治療薬を服用したことによって死亡してしまう危険性があるため、安全にAGA治療を進めたい場合は、クリニックでの処方が必要不可欠です。

販売元のオルガノン社が発している注意喚起

個人輸入サイトを利用して偽物を手にしてしまうリスクは低くありません。
プロペシアを製造・販売している製薬会社のオルガノンも、個人輸入サイトを通した偽物の流通に関して注意喚起を行っています。
オルガノンが運営するAGAの情報発信サイト「AGA-news」では、偽物に関する情報だけでなく、プロペシアの本物と偽物の写真を掲載しています。

外部リンク: フィナステリド錠を安全にお使いいただくために|抜け毛、薄毛(うす毛)対策【AGA-news】|オルガノン株式会社 https://www.aga-news.jp/secure/caution_fake/index.xhtml

プロペシアは人気の薬なので偽物業者に狙われやすい

偽物業者に狙われやすい

プロペシアを製造する製薬会社オルガノンが偽物に関する注意喚起を行っているほど、プロペシアの偽物は多いのが現状です。
これは、AGA治療薬のプロペシアやED治療薬は国内では保険が適用されないため、購入のための患者負担が大きく高価であるためです。
偽物を販売した時の利益が非常に大きいため偽物業者が参入しやすく、保険対象外の高価な治療薬は目を付けられ易いのです。
個人輸入はこうした偽物リスクがあるため、安全に治療するためにもクリニックで治療薬を処方してもらうようにしましょう。

SNSなどで激安を謳っている業者にも注意

個人輸入サイトの中には、SNSを通じて激安でプロペシアなどの治療薬を販売していると謳っているところも少なくないですが、そうしたサイトは絶対に利用しないようにしましょう。
ここでは、なぜ絶対利用してはいけないかについて紹介していきます。

国内通販が出来ない

そもそも、日本国内では薬機法によって医薬品の売買は厳しく制限されています。
当然、許可などなく医薬品を販売しているサイトは違法です。
違法な業者から購入したものに対して何かしらの保証などがあるということもないですし、お金だけをだまし取られてしまうなんていう可能性もあります。

偽物の可能性が高いこと

悪徳業者はSNSを利用しているというケースも多いため、SNSを通じて通販でプロペシアなどを手に入れても、それが本物である可能性は低く偽物の可能性が高かったり、詐欺であったりするケースもあります。

価格が気になるならプロペシアジェネリック

価格が気になるならプロペシアジェネリック 

プロペシアを購入してAGA治療を進めたいと思っていても、価格がネックとなって治療への一歩を踏み出せないケースは珍しくありません。
そんな時に治療コストを抑えるのに役立ってくれるのが、プロペシアジェネリックです。

国内にあるフィナステリド錠の一覧

現在、国内で処方されているフィナステリドを配合したAGA治療薬の一覧はこちらです。

メーカー名 販売名
大興製薬 フィナステリド錠0.2mg 1mg「クラシエ」
沢井製薬 フィナステリド錠0.2mg 1mg「サワイ」
東和薬品 フィナステリド錠0.2mg 1mg「トーワ」
シオノケミカル フィナステリド錠0.2mg 1mg「SN」
辰巳化学 フィナステリド錠0.2mg 1mg「TCK」
武田テバファーマ フィナステリド錠0.2mg 1mg「武田テパ」
富士化学工業 フィナステリド錠0.2mg 1mg「FCI」
リョートーファイン フィナステリド錠0.2mg 1mg「RTO」
小林化工 フィナステリド錠0.2mg 1mg「SKI」
ファイザー フィナステリド錠0.2mg 1mg「ファイザー」

上記の表からもわかるように、ジェネリックの販売名は『フィナステリド錠〇mg「メーカー名」』といった形式になっています。
現在、プロペシアを販売するオルガノン以外に、10社もの製薬会社がプロペシアジェネリックを製造・販売しています。

国産ジェネリックはクリニックで購入

前述したように、日本国内でも様々な製薬会社からプロペシアジェネリックは製造・販売されています。
これらのジェネリックを手に入れるための方法も新薬であるプロペシアと同様に、病院で診察を受け、処方してもらう必要があります。
当然、ジェネリックを病院で処方してもらう場合も、医薬品副作用被害救済制度を受けることは可能です。

この医薬品副作用被害救済制度は、医師から処方された医薬品を使った時に副作用があらわれたような場合に救済を受けられる制度で、速やかに対応してもらうことができます。

本物を使って安全に治療しよう

AGAに限らずどのような疾患であっても治療を行う場合は、リスクのある通販を利用して治療薬を手に入れるのではなく病院やクリニックで診察を受け、医師から適切な治療薬を処方してもらいましょう。
安心、安全な治療はこうした医師の処方や救済制度の活用が必要不可欠です。
それぞれの疾患に対して適切な治療を進める、副作用などがあらわれた場合に救済制度を利用するためにも病院やクリニックで治療薬を処方してもらうようにしましょう。